パウダーファンデーションとリキッドファンデーションどっちがいいの?

鏡を見る女性

リキッドファンデーションパウダーファンデーション

「どちらが良いのだろう?」と疑問に思ったことがある方
多いと思います。

リキッドタイプ、パウダータイプ
両方のメリットデメリット
そしてお肌をどう仕上げたいのか

しっかり勉強して自分に合うファンデーションを見つけてください!

リキッドとパウダー仕上がりの違いは??

女性の顔の肌

二つの仕上がり違い

リキッド

  • みずみずしく、しっとり感
  • シアー(透明感)のある仕上がり

パウダータイプ

  • 軽くさっぱりと
  • ナチュラルな仕上がり

正直どちらも魅力を感じますね。

肌への負担の違いは?

ドレッサー 

肌への負担が大きいのはリキッドタイプです。
それは肌への密着度が高いため負担も大きくなります。

そしてクレンジングの際に密着度が高い分
念入りにクレンジングをしないといけないため、
肌への負担がさらに大きくなってしまいます。

ムラができにくいのは??

女性のお肌 

ムラ出来にくいのはリキッドタイプです。

こちらパウダータイプと思われている方が非常に多いです。

リキッドタイプでムラを出来にくくするのは、指で塗るのではなく、
スポンジブラシを使って塗るとムラが出来ず綺麗仕上がりになります

慣れるまで少し難しいかもしれませんが慣れると驚くほど簡単です!

リキッドとパウダーのメリット、デメリットは?

パウダーフェンデーション リキッドファンデーション 

リキッドタイプのメリット

  • 肌にしっかりと浸透させる。
  • 伸びがよくフィット感がある。
  • カバー力が優れているので毛穴などの凹凸があるところもしっかり塗れる

リキッドタイプデメリット

  • 密着性が高いためクレンジングをしっかりするので肌が傷みやすい
  • 脂性肌にはべたつく
  • 化粧直しに手間がかかり面倒
  • 仕上げにフェイスパウダーが必要

パウダータイプのメリット

  • 1つで済む
  • お手軽
  • 化粧直しが簡単にできる
  • 肌への負担が少ない

パウダータイプのデメリット

  • カバー力などがリキッドには衰える
  • カバー力を補おうとすると厚塗りになってしまう。

というところです。今はベースやコンシーラーでカバー力が
高いものが多いのでそれを塗ってパウダーを塗るといいです!

どちらもメリットとデメリットがあり悩みますね。
最初にかいた両方の仕上がり。
自分のなりたいお肌に合わせて使うのがベストですよ!!

私はリキッドで最初化粧をして化粧直しはパウダーですることが多いです。
どうしてもリキッドで直そうとおもったらフェイスパウダーが必要なので、
化粧室などでお直しするときに粉が舞うのが気になるので、
パウダータイプでカバーしています。

お化粧道具

上手仕上げるコツはファンデーション自体のほかにも
スポンジ・パフ・ブラシ清潔さも大きな関係があります。

汚いとファンデーションの付きが悪くなり、肌への負担も大きくなります。
なので、しっかりこまめに洗ったり交換したりしましょう!

そして選ぶファンデーションの色も重要です。

ファンデーション 粉色

  • 肌の赤みが強い・・・ベージュ
  • 肌の黄みが強い・・・オークル
  • 肌の青みが強い・・・ピンク

こちらも選ぶときのご参考にしてください!

いかがでしたか?ご参考になりましたでしょうか。
毎日のようにするお化粧。

するならとことん綺麗になりたいですよね!
自分に合うファンデーションを見つけて、
綺麗なお肌を作りましょう!!