洗濯の粉洗剤と液体洗剤どっちがいいのか徹底検証!!

「粉洗剤と液体洗剤どっちがいいのかしら?」と、ふと疑問に思ったことはないでしょうか?

いつもは気にしてなかったけど、洗剤が切れて薬局に行ってみるといろいろと種類があるのでどれがいいのかと迷っちゃいますよね。

  • 粉洗剤は、脂肪酸ナトリウム
  • 液体洗剤は、脂肪酸カリウム

という物質できているのですが、それぞれどちらもメリット、デメリットがあります。

そこで今回は、粉洗剤と液体洗剤の比較をしていきます。

あなたの洗濯目的に合う洗剤を選んでください!!

液体と粉どっちが汚れ落ちやすい?

sentaku1

洗浄力が高いのは粉洗剤です。

黄ばみや泥汚れ、シミなどを落とせるのは粉洗剤ですが、液体洗剤は、集中的に汚れに洗剤を染みこませることがでます。

外仕事や部活動をして、泥汚れなどの洗濯ものが多い方には粉洗剤が向いています。

粉洗剤と液体洗剤のメリットは?

粉洗剤のメリット

粉洗剤

  • 洗浄力が高い
  • 除菌力が高いものは洗濯層のカビ予防にもなる

というところが大きなメリットとなります。

やはり粉洗剤の一番の魅力は、洗浄力の高さですね。

液体洗剤のメリット

液体洗剤

  • 汚れに集中的に染ませることができる
  • 抗菌防臭効果があるものが多い
  • 溶け残り、洗剤カスがない
  • すすぎ1回のものも多く時間短縮ができる

というところが大きなメリットです。

時間短縮ができて残りカスがないのは魅力ですよね。

また、抗菌防臭効果があれば部屋干ししても臭くなりづらいです。

粉洗剤と液体洗剤のデメリットは?

senzai2

粉洗剤のデメリット

  • 溶け残り、洗剤カスがあることも
  • カスのせいでカビができてしまいやすい
  • 洗浄力が高いあまり、色落ちしやすい

というデメリットがあります。

「せっかく洗濯したのに・・・・。」という経験をしたひとは多いと思います。

水が冷たくなればなるほど、溶け残りができやすくなるので、お湯でとかしていれる・入れた際によくかき混ぜるなどの工夫をすれば問題はないです。

液体洗剤のデメリット

  • 洗浄力が粉洗剤ほどない
  • 頑固な汚れものを洗うとき、沢山入れないといけない

というデメリットがあります。

普通の洗濯をするなら充分な洗浄力はありますが、泥汚れ・食べかす・黄ばみなどの頑固な汚れを落としたいときは洗剤の量を増やす必要があるので、すこしコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

粉洗剤と液体洗剤どっちが安い?

小銭

値段はそんなに変わらないです。

粉洗剤も液体洗剤も詰め替えがあるので、ゴミがかさばりにくくなりました。

デメリットでも言ったように、液体洗剤で頑固汚れを落とす際には、液体洗剤のほうが少し高くなります。

おすすめの液体洗剤、粉洗剤の使い方

洗濯物
最初にも書いたように、頑固汚れの洗濯ものが多い方は粉洗剤をおすすめします。

残りカス、溶け残し防止に、お湯でとかしてから入れるといいです。

そうでない方は液体洗剤をおすすめします。

抗菌防臭のものであれば部屋干しの時のいやな臭いも出にくいですし、溶け残り、残りカスが出ないのでスムーズに洗濯することができます。

洗濯物これは私の洗剤の使い方なのですが、基本は液体洗剤で洗濯して、娘の泥汚れなどの服があるときは、粉洗剤を使用して、、という感じで、用途に合わせて使い分けています。

食べ物と違い期限があるあけでもないので、本体を普通に買ってもいいですし、少し割高にはなりますが、小分けタイプのパックを買ってもいいと思います。

ぜひ今後の洗剤選びの参考になれば幸いです。