夏以外も油断するな!冬と春の紫外線対策

日焼け止め足にぬる
の間はドラッグストアに大量陳列されていた日焼け止めも、
少し涼しくなるとすぐに店頭から消えてしまいます。

が、日焼け止めが売っていないから、涼しいからといって
日焼け止め使わないというのは間違いです。

気温下がっても、紫外線は降り注いでいるのです。

夏だけじゃない?冬にも日焼け止めを使うワケ

冬の青空
紫外線だけ対策すればいいと思っているあなた、

その意識は時によっては危険です!

紫外線=夏というくらい夏のイメージが強いものですが、

紫外線でもでもごく普通に降り注いでいます。

確かに、夏に比べればその量は少ないですが、

量が少なくてもたくさん浴びればへのダメージ

その分深刻なものとなります。

冬のスポーツは紫外線を浴びやすい

スノーボード

といえばスキースノーボードなどのウィンタースポーツの季節ですね。

そんなウィンタースポーツをする環境はもちろん雪山や高原。

しかし、雪山高原は標高が高い分紫外線影響受けやすいです。

また、雪焼けというものがある通り、辺り一面に降り積もった雪は

役割を果たし、太陽からの紫外線多く反射します。

雪山 

空気澄んでいると雪の上を滑るのも一層清々しい気持ちになりますが、

実は空気が澄んでいるというのも紫外線影響受けやすくする一因です。

大気汚染の元である空気中の塵は実は紫外線を反射しています。

空気が綺麗に越したことはありませんが、普段から問題となる

大気汚染が紫外線を防いでるとなるとなんだか複雑な気になりますね。

夏の間にできたシミを放っておくと・・・

シミを気にする女性

いくら万全対策をしていても、シミができることはあります。

そんな時にこそ、秋以降日焼け止め重要となってきます。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

シミメラニンという色素集まってできたものです。

メラニンが集まってできたシミは当然のごとく、

周囲の肌よりも色が濃いです。

色が濃く、暗い色ほど吸収します。

紫外線も同じで、シミのあるところは他の部分よりも

一層影響を受けやすいのです。

そのため、になったからといって日焼け止め怠ると、

次の夏までにシミ一層ひどくなるということも十分あり得ます。

最初に書きました通り、夏に比べて秋冬春は紫外線の量が少ないです。

ですが、紫外線対策を怠ってはいけません。

夏以外の期間は、にできたシミ修復する大切な期間でもあるのです。

また、紫外線は皮膚がんなどの原因にもなります。

冬にする日焼け止めの大切さ、分かっていただけましたか?