新生活の引っ越しで失敗しない物件探しの正しい手順

tatemono2

新生活物件探し失敗しないために、

事前に物件探しや契約の流れなどで、
大事ポイントを押さえておきましょう。

しっかりポイントを抑えておけば、
後から後悔したり、困ったりすることがなくなるので、

新生活気持ち良くスタートすることができます。

物件探しは不動産情報サイトが便利

部屋
引っ越し先の物件探し方には
実際に不動産会社を訪問する方法もありますが、
取り扱う物件はそれぞれ会社ごと違っていて、
複数の不動産会社回ると、
時間もかかるし疲れてしまいます。


そこで便利なのが不動産情報サイト
です。

リクルートなど大手会社が運営しているものは、
存在する物件のほとんどを網羅しており、
自分の条件に合わせて細かく探すこともできます。

家の間取り
間取り家賃などが一番気になるところですが、
近隣情報なども詳しく載っているので、
様々なポイントから物件を探すようにすると、
後から後悔することもなくなります。

また、ひとつ気を付けておきたいのは、
3月や4月など新生活はじまる時期
引っ越しが多くなるので、
物件が先に決まったりして見つかりにくくなります。

そこで引っ越しが先にわかる場合には、
なるべく余裕を持って物件探しをするように
心がけておきましょう。

物件は実際に自分の目で見てみましょう

窓の外
引っ越し先の物件が見つかったら
管理会社に問い合わせて、
契約へと進んでいきます。

まずは電話メール
対応してくれるところがほとんどなので、
問い合わせてみましょう。

telormail
契約の前におすすめしたいのが、
物件を実際に見てみることです。

問い合わせをして物件を見たいことを伝えれば
よほどのことが無い限り内覧をすることができます。

サイトなどの情報と実際の物件は
イメージが違ったりもするので、

キズのある壁

実際に物件見てから契約をおすすめします。

物件が見つかってもすぐに契約はせずに、
じっくり考えてきちんと納得してから
契約するようにしましょう。

いざ契約となれば、
不動産会社が手続きを進めてくれるので、
説明などを聞いて必要な書類を準備します。

memo
主なものは賃貸契約書ですが、
個人情報の取り扱いに関する契約書など、
いくつかの書類が必要になります。

また、敷金前家賃など、
契約に必要なお金も出てくるので、
事前に確認して準備しておきます。

こうして無事に契約が済めば、
いざ引っ越しとなるわけです。

電話回線やインターネットの契約の準備

配線最近の引っ越しや物件探しで
よくポイントとなるのは、
電話回線インターネットの契約です。

特に引っ越し先の物件が自分の契約したい
回線に対応しているか、
工事の日程が間に合うか、
などの問題があるので、
事前に確認するように気を付けます。

また、確認するには回線の契約と、
物件の契約になるので、
それぞれに問い合わせて調整をする必要があります。

引っ越しや物件探しには余裕をもって

tokeiこのように新生活の引っ越しには、
物件探しから契約までかなりの手順と
時間もかかってしまいます。


後から後悔しない
ために一番大切なのは、
しっかりと余裕をもつことです。

時間の余裕があれば、
後からの修正なども間に合うので、
しっかりと事前情報集めて
ひとつひとつ手順を進めていくように
心がけておきましょう。

そうすれば正しい手順で失敗せずに、
後悔しない物件探しをすることができるようになります

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事