バレンタインにはボンボンショコラ!おいしさの秘密はテンパリング

 チョコレートボンボン

バレンタインの季節になって、一番困るのがチョコレートの用意だと思います。

本命の男性に贈るために、ライバルの方たちと被らないチョコレートを
用意しようと悩まれる方も多いと思います。

皆さま、ボンボン・ショコラというチョコレートの存在はご存知ですか?

ボンボン・ショコラというのは、1口サイズチョコレートという意味です。

日本でボンボン・ショコラが有名になったきっかけは
「失恋ショコラティエ」というドラマだそうです。

チョコレートの中にお酒が含まれているものがありますよね。
あれもボンボン・ショコラの1種です。

様々な種類のボンボン・ショコラがありますが、
手作りと市販品では、どちらがお得なのでしょうか。

手作りと購入どっちがお得?

チョコレート

ボンボン・ショコラ手作りする場合、
本命の方に贈るチョコレートとしては、オススメの逸品だと思います。

なぜなら、既製品にはないオリジナルのボンボン・ショコラになるからです。

自分らしさを表現することも出来ますし、味の調節も可能なため、
贈る相手の好みの味にすることが出来ます。

また、義理チョコや友チョコなどたくさんの人に用意する場合、
ひと口大の大きさのチョコレートを大量に生産することが可能なため、
比較的低コストでチョコレートを作ることができます。

また、作り方によっては豪華に見せることも出来ちゃいます。

ただし、デメリットも存在します。

ボンボン・ショコラを作るにあたって、時間と準備が非常にかかります。

センスも大事ですが、何よりも手作りのため、見た目のバランスや味に
ばらつきが生じ、美味しくないチョコレートが完成してしまう可能性があります。

ボンボン・ショコラを美味しく作るためには、
テンパリング作業が非常に重要になります。

 

失敗しないチョコレート菓子を作るのに重要な「テンパリング」

テンパリングとは、チョコレートを温めたり冷やしたりすることを指します。

このテンパリングを行うことで、チョコレートの口当たりが良くなり、
チョコレートが白く濁ったりすることを防止することが出来るのです。

このテンパリング作業を怠ると、ブルームと呼ばれるマーブル状になったり、
固まりづらく、口どけも悪くなってしまいます。

giftチョコ 

もし、ボンボン・ショコラを今年チャレンジしてみたいと思っている方は、
Callebautをご覧ください。

このサイトには、プロのショコラティエが選ぶ本格的なチョコレートのレシピ豊富にご用意されています。

他の女性と差を付けたいと思っている方は、是非一度このサイトに目を通してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事