手巻き寿司の王道3強ネタから女子ウケ変わりネタ具材まで!

手巻き寿司

2月3日は節分です。

節分といえば、豆まきや恵方巻きと共に手巻き寿司
ご用意されるご家庭も多いのではないでしょうか。

恵方巻きは子供からすると、あまり好きな具材が
入っていないことが多いです。

一方、手巻き寿司は自分の好きな食材を酢飯の上に乗せて
食べることが出来るため、近年では、恵方巻きよりも
手巻き寿司で済ませてしまう方々も多いです。

さらに、手巻き寿司は自分たちで巻いて食べるので、
お母さん方からすると、具材と酢飯を用意するだけで良いので
手間が掛からず、お料理が苦手なお父さんでも用意することが出来ます。

では、手巻き寿司にどのような具材を用意すると喜ばれるのでしょうか。

子供も大人も大好きな手巻き寿司の具材とは?

手巻き寿司の具材で鉄板と言われているのが、
お刺身や玉子、キュウリと言われています。

お刺身は、マグロやイカといった子供に人気のあるお魚から、
鯛やハマチといったお酒のおともになりそうなお魚がオススメです。

短冊切りにすると巻きやすくて良いです。

お寿司の人気者の玉子は、厚焼き錦糸どちらでもOKです。

ツナをマヨネーズで和えてツナマヨにしたり、
ツナマヨにブラックペッパーを加えてアクセントを付けると、
大人好みのツナマヨの完成です。

「手巻き寿司の3強」食材

キュウリ、レタス、カニカマ「手巻き寿司3強」と呼ばれています。

酢飯にキュウリとレタス、カニカマを乗せて上からマヨネーズをかけて
巻くだけでお手軽サラダ巻きの完成です。

納豆巻きのひきわりが美味い!

好みが分かれる納豆は、いつもの納豆ではなく
ひきわり納豆を使用することで、巻きやすくなります。

また、納豆とイカ、大葉を一緒に巻くことで、
また違った手巻き寿司が完成します。

焼いたお肉の具材でガッツリと!

お肉

お魚に飽きた方は、お肉を具材として用意してみてはいかがでしょう。
焼き肉のタレでお肉を炒め、キムチやレタスと共に召し上がってみてください。

レタスとお肉の組み合わせは、さっぱりしており、
キムチとお肉の組み合わせは、鉄板の組み合わせとなっています。

焼いた肉に、焼き肉のタレ、豆板醤をたっぷりとつけ、
サンチュに巻いてさらに、手巻寿司として巻くと、韓国風手巻き寿司に。

手巻き寿司の具材でお肉を用意する場合は、少し濃い目の味付けにすると
酢飯との相性が非常に良くなります。

定番具材に飽きたら方は、こちらの具材はいかが?

玉子やキュウリ、お刺身などの具材に飽きた方は
こちらの変わりネタをご用意してはいかがでしょうか

山葵(わさび)をすりおろし、酢飯に山葵のみを巻いた手巻き寿司はいかがでしょうか。

昔のお寿司のネタに山葵の握り寿司があったと思いますが、
今回はその手巻き寿司バージョンです。

鼻にツーンとする山葵に癖になること間違いなしだと思います!

女性ウケのいい手巻き寿司

アボカドの手巻き寿司

女性に人気のアボカドも酢飯との相性抜群です。

アボカドに山葵醤油やマヨネーズをかけて頂くと、
とても美味しいと話題になり、現在では
手巻き寿司の定番具材になりつつあります。

今年の2月3日の節分で、恵方巻きではなく
手巻き寿司を食べようかお悩み中のお母さん方、
是非ご用意する具材の参考にして頂ければと思います。