青森県の郷土料理「じゃっぱ汁」の作り方、美味しさの秘密とは?

寒い季節には、体を温めるおでんや鍋料理が一番ですよね!

今が旬のアンコウ鍋やB級グルメの静岡おでん、
秋田県のきりたんぽ鍋、福岡県の水炊きも良いですよね!

日本では各都道府県の特産を使った様々な美味しい温まる料理が豊富にあります。

今回はたくさんある温まる料理の中の1つ
じゃっぱ汁」をご紹介したいと思います。

じゃっぱ汁とは?

青森県の郷土料理といえば、せんべい汁や
ほっけのすり身汁が有名ですが、
もう1つ「じゃっぱ汁」というお料理があります。

「じゃっぱ」とは、標準語で「大雑把」という意味を表します。
雑把の意味は、「雑にまとめられた1まとまりのこと」だそうです。

じゃっぱ汁とは、その名前の通り、
魚3枚におろしたりして、骨に薄い身が付いている部分や頭の部分、
魚の内臓といったいわゆる「あら」と呼ばれている部分を使用した汁物です。

じゃっぱ汁の材料には、鱈といった魚が主に使用されています。
津軽地方の冬を代表する体を温める料理として現地では有名だそうです。

じゃっぱ汁の味は?

じゃっぱ汁は、非常に濃厚なコクがあり、
魚の旨味や甘みがしっかりと出ている汁物です。

体の芯から温まることが出来る汁物なので、
寒い冬にはオススメの逸品です。

じゃっぱ汁の特徴は、魚の肝を汁に溶かすことによって
強烈なコクと旨味が出るのです。

じゃっぱ汁の中でも、旬のマダラの肝を使用したものは
ねっとりとした濃厚さが出るため非常に人気があります。

具材もシンプルで、野菜とお好みで豆腐なども入れます。
野菜に浸み込んだ魚のエキスが箸をどんどん進ませます。

赤味噌や酒粕で味付けされるため、鍋料理というよりも
お味噌汁に近いかもしれませんね。

津軽地方では、大勢が集まるお正月に食べる風習があります。

じゃっぱ汁は日本酒と非常に相性が良いと言われています。
じゃっぱ汁を囲み、日本酒を片手に
賑やかな団らんの絵が目に浮かびますね。

じゃっぱ汁を家庭で作るには?

料理をする親子

じゃっぱ汁をご家庭で簡単に楽しむ方法があります。

鱈をご用意するのは大変かもしれませんが、
寒い冬には特にオススメの鍋料理ですので、是非一度お試しください。

では、簡単な作り方をご説明したいと思います。

鱈のあらを食べやすい大きさに切り、塩を振りかけ
1時間置いておきます。

これは鱈の臭みを取るためです。
必ず行ってください。

1時間後、水洗いし、熱湯でさっと軽く湯通しします。

鍋に昆布と水を入れ、出汁を取ったら、
味がしみ込みにくいお野菜を鍋に投入します。

根野菜にある程度、火が通ったら、
鱈のあらを入れます。

沸騰したら味噌を入れます。

煮込み過ぎないように注意し、ネギを投入し、
しんなりしてきたら完成です。

是非、身体の芯から温まるじゃっぱ汁をご家庭でも
お試しください。
今年の冬は、じゃっぱ汁で決まりです!