レインブーツに間違ったケアはNG!正しいケア方法で長寿命

レインブーツ

雨の日って、スニーカーや革靴ではびしょびしょになって、
歩くのも履くのも不快な思いをすることがあると思います。

ところが、レインブーツを履く前に絶対に知っておきたいことがあります。

このケアをすることで、黄ばみ、脱臭などのトラブルを未然に防ぐことができます。

今日はそんな購入後に行う、基本的なレインブーツのケアの方法をお伝えします。

購入後すぐにすると良いレインブーツのケアとは?

お店でお気に入りのレインブーツを購入したら、もう気分は最高だと思います。
でも、ケアをしないとケアをしたときよりも最悪半分以下の寿命になってしまいます。

そのため、まずは購入後すぐにするケアとして、専用のラバースプレーを用意してください。

これは、レインブーツのラバーを保護する効果があるので、しっかりスプレーしてあげてください。

ラバーは放っておくと細かい傷が出てきて、黄ばみの原因やひび割れにつながりますから大事なケアの一つになります。

簡単に誰でも使えるのでその点も安心ですね。

レインブーツの正しい保管方法

雨や雪があまり多くない季節など、使わないときには下駄箱などに入れて保管することになります。

しかし、ここでも正しい保管方法があるのです。
これをしっかりやるかどうかでレインブーツの寿命は大きく変わっていきます。

その方法は簡単で、湿度の少ない場所にレインブーツを保管してください。

ラバーは紫外線や日の光で空気に触れるだけでひびが入ったりするので、気を付けてください。
管理が良ければ何年も履くことができます。

おすすめは玄関などの空気の入れ替えが多くて温度が低い場所がいいと思います。
また、ブーツキーパーなどで形が崩れないように置いておくのもいいと思います。

履いた後のケアは簡単なので続けてみましょう

レインブーツは雨の中使うので、まったく汚れないということはほとんどないと思います。
綺麗に使い続けるためには、使い終わった直後の、履いた後のケアをしっかりすることです。

そのケアとは、しっかりと汚れを落としてやることなのですが、ある注意が必要です。

汚れは乾いた布巾などで軽くふいてください。
落ちない汚れは洗剤などでごしごしとこするのではなく、中性洗剤などを布巾に湿らして拭いてあげてください。

レインブーツはとても繊細なので、
洗剤を使ったり、日干ししたりするのは絶対にやめましょう。

泥水の中をレインブーツで歩く

レインブーツが劣化したら、劣化を完全に直す方法はありません。

そのため劣化を予防することが長寿命のコツになります。
そのためには、普通の靴以上に、しっかり管理をしていくことが重要なのです。

間違ったケアをすると、逆効果になってしまうので、
正確なケア方法を覚えて愛用のレインブーツと長く付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事