冷凍魚を10倍おいしくする保存・解凍方法

5490659
忙しい日々のなか、毎日の魚料理の際に冷蔵庫に冷凍された下味のついた魚があると便利ですよね。

スーパーで安い魚を購入した時にも、その日に食べなくても冷凍しておくことで数週間の保存が可能になります。
そんな便利な魚の冷凍保存について、知っておきましょう!

おいしい冷凍保存の方法

スーパーなどでは、獲ってすぐ船内で冷凍した魚を解凍して販売していることが多くあります。
それを家庭で冷凍するのは再冷凍となり、鮮度が落ちるためおすすめできません。

家庭で冷凍する魚は、「冷凍」と書かれているものを避け、「生」の表示があるものか、
味噌漬けなどの加工品だけ選びましょう。

 

おいしい冷凍保存・・・下処理編

一尾魚の場合、傷みやすい内臓の部分を取り除く下処理し、よく洗ってから水気をふき取ります。
切り身の魚の場合、表面の水気をふき取ります。

冷凍時に出るドリップと呼ばれる水っぽさや生臭みの原因となる余分な水分を吸収するための処理です。

 

おいしい冷凍保存・・・冷凍編

一尾魚や切り身を1切れずつラップで包み、急速冷凍します。
切り身の魚は、下味をつけてから冷蔵すると、使用時の調理が楽になります。

また、冷凍庫で長期間保存すると匂いがつくことがありますが、
下味をつけてから保存すると気になりません。

 

期限 保存期間の目安 

家庭用の冷凍庫マイナス18℃程度で保存できる期間は約2週間です。

 

最後も重要!おいしい解凍方法のコツ

刺身など生で食べるもののときは、 急激な温度変化を与えるとドリップが出やすく、
味が落ちてしまう為、冷蔵庫で時間をかけて解凍するのが良いでしょう。

冷凍する場合は、一気に冷凍ですが、解凍の場合は逆になります。

急いで使いたいときは、できるだけ涼しいところでの自然解凍もできます。
夏は傷みやすくなりますので、注意が必要です。

 

より急ぐときは、流水解凍もあります。
魚に直接水をかけると、旨みが逃げてしまうので、
フリーザーバックなどにに入れたまま、水をあてて解凍します。

 

電子レンジでの解凍できますが、ムラになることもあるので時間は短めに設定し、
向きや裏表を変え、何度か繰り返すようにしましょう。

 

以上の魚の冷凍テクニックを身につけ、日々の生活の時短につなげられるといいですね!

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事