実録!バレンタインにもらったうれしくないプレゼントとは!?

ぜんぜんうれしくない女性

バレンタインプレゼント、あなたはもう決めましたか?

ひょっとして何をプレゼントしようか迷ってはいませんか?

「あの人には何を渡したらいいんだろう?」
「迷惑がられないかな?」 
「逆に困らせてしまったら?」

そんな悩みを解消すべく、

バレンタインにもらってうれしくないもの” 

こちらのテーマで体験談を募集してみました!
いくつかピックアップしてみたのでみていきましょう!

顔サイズの大きいチョコ

■女性 20才 エステティシャン

当時の彼氏に

「マンガみたいな大きいチョコ貰ってみたい」

と言われたんです。

どうしようか悩んだ結果、
ケーキ用のハート型のチョコを溶かして固めようと。
ものすごい量のチョコを使いましたよ。

ブラックチョコとホワイトチョコ、ストロベリーチョコを重ねて、
横から見ると段になってるようにしました。

出来上がりは本当にマンガに出てくるような分厚いチョコになりました。

彼氏は喜んでくれましたが、あまりの厚さに噛めなかったんです。(笑)

結局ペロペロ舐めないと食べれなかったので、かなりの間冷蔵庫に入ってましたね。

大きけりゃいってもんじゃないことがよくわかりました。

おまけ扱い

■男性 45 会社員

いつも、会社でバレンタインデーに10円チョコをいただきます。

もらえないよりはうれしいのですが、それしかもらえない自分が悲しいです。

家でも、家内がくれることはくれますが、開封したら最後、
結局、家内がほとんど食べてしまいます。

家族全員、普段お酒を飲まないのですが、
アゾートのため、ウイスキーボンボンがよく余ります。

そして、私はウイスキーボンボン処理係になります。
おいしくはありませんでした。

チョコレートの他のプレゼントとしては、ビジネスシューズだったりします。

ちょっぴりうれしかったりしますが、バレンタイン色はありません。
誕生日にもらえるならうれしいですが。

結局、その年はバレンタインに靴をプレゼントしてもらったため、
その年の誕生日は何も貰えませんでした。 

悪い噂の原因になってしまった

■女性 15歳 中学生

学生時代のことですが、バレンタインデーに女子の友達同士で、
チョコレートをプレゼント交換するのが流行っていました。

自分の手作りチョコを友達同士で渡し合うのですが、
美味しすぎたり、見た目がきれいすぎた子がいて、

(買ってきたのじゃないの?)

という噂が広まって、悪い噂として広まっていったことがあります。

楽しい時間のはずが、まさかそんなことになるなんてショックでした。

それから、適当な味の適当な見た目のチョコを作るように神経質になった思い出があります。

とある有名メーカーのネックレス

■女性 22才 ショップ店員

彼氏から貰ったネックレスは微妙でした。

その当時、田舎のショップ店員をやっていました。

スタッフ同士、アクセサリーは自分の好みで買いたいよね、
と話をしている時にバレンタインデーに貰いました。

とある有名メーカーの結構高めのネックレスです。

悪くはないんですけど、みんながそれを付けていたので私は嫌いでした。
そんなことを知らない彼氏はウキウキと持ってきたんです。

あの貰った時の驚き!

私は、

「え〜」

だったんですけど、彼氏は喜んで驚いてると思ったらしく…。

その後のデートで毎回付けていきましたよ。(泣)



結論:バレンタインにもらってうれしくないものは!?

寄せられた体験談の中には、
「セルフプレゼント」 を失敗した内容というものが多かったです。

バレンタインに自分が作って、プレゼントとして渡したけど、結局一緒に食べる。 
そして、「こりゃー失敗だったなぁ」といった内容が一番多く集まりました。

男性からの意見としては、40歳代の会社員が多く、
そのほとんどが職場でおまけ程度にもらうチョコや、
妻が子供のついでにくれたチョコなど

”おまけ”の扱いにがっくり来ている様子が伺えました。

女子同士でプレゼントすることも多いですが、
これに気合を入れすぎると変な注目を集めてしまうようです。

職場や学校での女同士の関係はなかなか複雑ですね。

もらってうれしくないプレゼントですが、

「その道のプロが好んでないもの」

をプレゼントされるとうれしくないようです。

紹介した体験談の例では、
オシャレを売っているアパレルショップ店員に、オシャレなアクセサリー。 

その道に詳しいがゆえに、
好みが生まれてしまっています。

他には、ワインのプレゼントで、
辛口のワインが好きなのに甘口のワインをもらったり、

など、通な人にプレゼントするときには注意が必要です。