ご祝儀袋の選び方、意味を知って場面にあわせて最適なものを選ぼう!

春には卒業や入学、お祝いをするイベントが多くあります。
また、結婚や出産などの祝い事が突然、舞い込んでくることも有ります。

でも、いざその時になると、

お祝いを渡すときってどうしたらいいの?

ってことがよくあります。

今回は、お祝いを包む、「祝儀袋」について抑えておきたいポイントを紹介します。

せっかくのお祝いの機会に、最低限失礼のないようにこころがけたいものです。

ご祝儀袋で目に付くポイントの一つは右肩にある熨斗(うっと)でしょうか。

熨斗(うっと)とは

元来、日本には魚介類を尊び、神様に供える習慣があります。

その中でも、鮑(あわび)が高価であり、長寿をもたらす食べ物とされ喜ばれていました。

そののち、本来ならあわびを差し上げることに代えて
熨斗鮑(のしあわび)を進物のしるしとして添えるようになりました。

のしあわびとは、鮑の肉を薄く剥ぎ、
火熨斗(ひのし)というしわを伸ばす道具で引き延ばし乾燥させ、紙に包んだものです。

時代とともに簡略化され、あわびの代わりに黄色い紙が用いられるようになり、
現在ではご祝儀袋の右肩に印刷される”飾りのようなもの”で使用されています。

熨斗は、伸ばす(→延ばす)に通じ、
縁を延ばす、喜びごとを延ばす、命を延ばす
という意味をあらわし慶事の時に使用されます。

 熨斗(のし)の種類

のしといえば鮑熨斗(あわびのし)が一般的ですが、他の熨斗もあります。

  • 鮑熨斗
    正式として使用されます。
  • わらび熨斗
    略式として使用されます。

水引(みずひき)の由来 

ご祝儀袋の選別のポイントの一つに水引(みずひき)もあります。

 水引は紙によりをかけ、のりで固めて色をつけたもので
元来、連歌紙をとじるために使われており、束ねる意味ももちますが、
水は全てを清めるため、清らかな品を贈るという意味もあります。

水引の種類

  • 結びきり
    一度結んだらほどけない結び方で、一度きりのお祝いごとに使用します。
  • 蝶結び
    「何度も繰り返されてほしい」という意味があり、何度あってもよい喜びごとに使用します。結婚のお祝いには使用しません。

  • 金銀、紅白
    慶事に使用します。
  • 5本
    一般の祝い事に使用します。
  • 10本
    (慶びが重なるよう)結婚祝いに使用します。

ご祝儀袋の選び方

以上の熨斗や水引の知識をふまえ、
贈る金額とのバランスを目安に選ぶとよいでしょう。

一般的に金額が高いほど、ご祝儀袋のデザインも華やかなものとなります。

最近では、ご祝儀袋のパッケージに
「○万円用」などと書かれているので 一つの基準とするとよいでしょう。

  • 1万~2万円程度
    金銀の水引のご祝儀袋
  • 2万~3万円程度
    金銀の水引に装飾がされたご祝儀袋
  • 5万円程度
    水引に華やかな装飾が加わり、上質の和紙が使われているご祝儀袋

ご祝儀袋の選別のポイントの一つに

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事