バレンタインの歴史を知って女子力アップ!?

ハートの贈り物

毎年、2月14日が近付くと、女の子も男の子も
ドキドキしちゃうのではないでしょうか?

女の子なら、好きな男の子に手作りの
チョコレートを作るために、事前に練習したり。

男の子なら、好きな女の子からチョコレートが
貰えるか当日まで緊張して眠れなかったり。

私も淡い青春が蘇ります。

今では、当たり前のようjにチョコを渡す日となっていますが、
このバレンタインという文化は海外発祥の文化になります。

しかも、実は悲しい出来事が由来となっています。

バレンタインに隠された悲しい物語

バレンタインの歴史は西暦1207年まで遡ります。

当時の皇帝・クラウディウスは、軍事力が下がるとして
兵士たちに家族を作らせないよう、結婚禁止令を出していました。

ところが、キリスト教の司祭でもある「バレンタイン(ヴァレンチノ)」は、
皇帝に内緒で若い兵士たちの結婚式を執り行っていたのです。

その事実を知った皇帝・クラウディウスは激怒し、
バレンタインをローマ宗教に改宗させようと試みます。

しかし、バレンタインは愛の尊さを説き、
皇帝に対抗したため、2月14日に処刑されてしまうのです。

残された人々は、バレンタイン司祭の勇気ある行動に心を動かされ、
「聖バレンタイン」として、恋人の守護神として祀られるようになったのです。

そして、彼の処刑された日を「聖バレンタインデー」として定め、
現在のバレンタインデーが誕生しました。

実は、人の名前が由来となっていたのです。

彼のおかげで、結婚を強制的に禁止されていた人たちも、結婚することができ、
結婚できた人たちは、感謝してもしきれなかったことでしょう。

日本へ伝わったバレンタインデー

バレンタインデーが男女の恋愛に
結び付けられるようになったのは
14世紀頃だそうです。

日本に伝わったのは戦後で、アメリカから伝わってきました。

今ではクリスマスと同じくらいの恋愛イベントデーとされており、
バレンタインという言葉を知らない人はいませんよね。

loveと書かれたハート

バレンタインの習慣

2月14日は、
愛を結びつけていたバレンタイ司祭が処刑された日。
そして、小鳥たちの交尾が始まる頃とも言われています。

だからか、恋人色の強いイベントとして確立されていきました。

ハートの形を模したプレゼントや、
恋のキューピッドなど、
プリントが施されたラブレターを
贈るといった習慣があります。

失恋してしまった人も、2月14日に聖バレンタインに祈りを捧げれば、
元に戻ると言われていたり。

昔の考えになりますが、
普通は男性が女性に対して愛の告白をするものとされていました。

しかし、この日ばかりは、
女性から男性へ愛の告白をしても許される日とされていたそうです。

・恋に破れてしまった女性
・勇気がなくてなかなか進展しない女性

是非、この日にアタックしてみてはいかがでしょうか?

男性もこの日はソワソワしているので、
一年に一回の大チャンスですよ!