初詣の正しい参拝方法、参拝の流れを簡単に解説!

寺

よく神社仏閣の参拝の手順を12月が近くなるにつれ、
テレビや雑誌でお作法の特集をしたりしませんか?

毎年のように特集されますが、なかなか覚えることが
できませんよね。

私もそうなのです。

頻繁に神社仏閣へ行く用事も無いですからね。

ですが、日本人として恥ずかしいですよね。

なので、正しい参拝の作法を忘れないうちに、メモしておこうと思います。

 最初に鳥居をぐぐる所から

神社仏閣には、鳥居がありますよね。

この鳥居をくぐる前にも
いろいろ準備がいるのですが、

皆さんはご存知ですか?

鳥居をくぐる前には、まず服装の乱れを直すのだそうです。

そして、鳥居に向かって軽く会釈します。

なぜ会釈をしなければならないのかと言いますと、
神様がまつられている場所に入る際に、
神様を敬うという気持ちを表現するため、鳥居に向かって会釈をするのだそうです。

次に向かうは手水舎

鳥居に会釈をし、境内へ入るのですが、
そのまま参拝に向かわず、

まずは「身を清める」のだそうです。

境内の中に「手水舎(てずみや)」という場所があるのですが、
参拝者が身を清めるための施設です。

井戸のような感じで、柄杓が置かれてある場所や、
竹に等間隔で穴が開けられており、
そこからお水が流れているのを見たことはありませんか?

それが「手水舎」です。

手水舎

体を清める作法

まずは、右手に柄杓を持ち、左手を洗い、清めます。

次に、柄杓を左手に持ち替えて、今度は右手を洗い、清めます。

再び、柄杓を右手に持ち替えて、柄杓から左の掌で水を受けて口をすすぎます。

直接柄杓に口を付けてはいけませんよ!

そして最後に左の掌を洗い、清めます。

全て清めることが出来ましたら、柄杓を片付けるのですが、
まずは柄杓を縦にし、自分が持っていた柄の部分に水を流し、
元の位置に置きます。

最後に、柄杓は必ず伏せて置いてください。

夏場ならば、この行為は喜んで行うと思うのですが、
初詣などの冬場は、正直、少々辛いですよね。

しかし、新年早々に気合を入れる意味にもなります。
日本人として恥ずかしくない参拝をマスターしていきましょう!

参拝の礼儀作法

体を清めたので、いよいよ参拝です。

まず、神前へ進みます。
このとき姿勢は正しくしておいてください。

そして、お賽銭をお賽銭箱へ投入します。

お賽銭を入れたら、次は鈴を鳴らします。

ここからが難しいポイントですよ!

「二拝二拍手一拝」という作法で拝礼を行うのです。

「二拝二拍手一礼の作法」や「再拝二拍手一拝の作法」とも言われるそうですが、
この方法でお参りを済ませましょう。

二拝

2度、頭をさげておじぎをします。

二拍手

パン、パン。と2度手をたたきます。
このとき、1回めは右手を少し、下にずらし、
2回めは指先を合わせて手をたたきます。 

一拝

 最後に、もう一度おじぎをします。

鳥居

参拝は鳥居をくぐるまでが参拝

無事参拝を終え、帰宅しようと思ったあなた。

まだ参拝は終わっていないのです。

遠足と一緒で、帰るまでが参拝です!

最後に参拝を締めるためにやり残したことがあるのです。

それは、鳥居をくぐる前に、神社仏閣に向かい、軽く会釈をするのです。

これで、参拝のお作法は完了です。

なかなかやる手順がおおく、
実際に神社仏閣へ行くと忘れちゃうことがあるので、
参拝直前に見返すといいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事