サンタの存在と幽霊の関連性、ドラえもんとも似ている!?

102705

サンタクロースがどうして子供たちの欲しいものを用意できて、
どうやって運んできてくれるのか気になりませんか?

「親が用意しているから」

など、子供の夢を壊してはいけませんよ!

サンタさんには数多くの謎がありますが、
幽霊とドラえもんとサンタは似ている 
と考えれば説明がつくのではないでしょうか。 

  

サンタさんはなぜ欲しいものを運んで来てくれるのか

これは子供にとっては一番重要な部分ですよね。
サンタクロースは、どうやって知ったのか
毎年欲しいものをプレゼントしてくれませんでしたか?

それは、サンタクロースが子供の欲しいものを聞き取ることができるからです。

「いったいどうやって?」

実はサンタが住んでいる場所に関係があるのです。
サンタクロースは1925年にラップランドのコルヴァチュンティリに引っ越ししました。

それはなぜか?

コルヴァチュンティリという場所には、たくさんの妖精が存在しており、
世界中の子供たちの声を聞くために、草原の形はウサギの耳にそっくりだそうな。

 

また、サンタクロースは1年に1日しか働いていなかったのですが、
「ナパピイリ」という街に毎日訪れて、
彼に会いたいと願っている子供たちに会うようにしたそうです。

さらに「サンタクロース・オフィス」なるものを建て、
今では毎日、そこへ顔を出すようになったそうです。

 

サンタクロースは家に居るときは遠くの子供たちの声を、
街へいるときは会いに来てくれた子供たちの声を聞いて、
クリスマスには毎年プレゼントを運んでくれるのです。

妖精の情報収集力と、現場でのヒアリング。
サンタクロースはマーケティングの達人でもあるのです。

 

サンタクロースは幽霊か?

099159

サンタは煙突から忍び込むとされていますが、(人聞きがわるい?)
最近では煙突自体、一般家庭ではあまり見かけません。

「家には煙突がないよ!」

特に、日本で煙突がある家なんてそうそうありませんが、安心してください。

私たち人類がそうだったように、
サンタクロースも地域の特性や、時代の変化に適応しているはずです。

今では煙突がなくてお問題ないと考えています。
そのために、引っ越もまでして妖精システムを取り入れた可能性もあります。

 

さて、話を戻しますが、

煙突は天に向かって垂直に立てられていますよね。
そのため、「霊の通り道」とも言われていました。

まぁ、ある意味で、”サンタ”と”幽霊”は似ていると思いますが。

幽霊の場合は、”あの世”から”この世”への入り口としてやってきますが、
サンタクロースは、”あの世”からくるのではなく、天からやってくるのです。

「サンタクロースは神話だ」

とか言われることもありますが、これもあながち間違いではなさそうです。

 

そんな人間ばなれした存在だからこそ
煙突から入ってくるわりには、洋服は汚れないですし、
プレゼントも煤だらけになったりしないのです。

 

サンタクロースはドラえもん!?

サンタクロースは神聖な人物とされており、
地面に足を付けてはいけないと言われています。

なので、いくら家の中を捜してもサンタクロースの足跡は見つからないのです。

ドラえもんも足が地面についているのではなく、
微妙に空中で浮かんでいるから、はだしのまま外へと遊びに行けるのです。 

四次元ポケットの道具でなんでも叶えてくれるドラえもん
子供たちの夢を叶えてくれるサンタさん

ドラえもんサンタさんも、共に子供たちに夢を与え、子供たちからも人気者です。

のキャラクターカラーは正反対ですが、実は共通点が多い2人なのでした。

 

サンタの帰る場所

サンタクロースはプレゼントを配り終えたら、いったいどこへ帰っていくのか。
プレゼントを配りにくるのも、謎ならどうやって帰ってくかも謎のサンタさん。 

1925年にお引っ越しをする前、実は北極に住んでいたのです。幽霊

では、なぜサンタクロースは引っ越しをしなければならなかったのか?

それは、サンタのパートナーである『トナカイ』の食べ物が北極にはなかったからです。

 

サンタさんも意外とおちゃめな一面を持っているみたいです。
だからこそ、いつまでも愛されているのかもしれませんね。 

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク