クリスマスデートの誘い方の成功例!体験談まとめ

クリスマスにデート・・・

気になる”あの人”をお誘いしたい!

デートを成功させたい!

そんなわけで、クリスマスデートの誘い方の体験談の中で、
成功例をピックアップしてみました! 

クリスマス前日に、彼に言った言葉と言われた言葉

■女性 26歳 飲食業界企業の副社長秘書

彼と私は、当時、同じ会社の同じセクションに勤務していました。

彼は、商品開発のリーダーで、
私は、その部署のボスである、副社長秘書兼ユニフォームのデザインを担当していたので、
彼とは毎日のように顔を合わせていたのです。

ある日、昼食を他のメンバーとも共にした時に、
彼の方から、

「クリスマスには正装して彼氏とデートするの?」

と尋ねられたので、

私は、

「そんな相手はいないし、
正装してのクリスマスデートよりも、
細身のジーンズにロングブーツを履いて、
ざっくりとした真っ白なセーターに、
マフラーをグルグル巻きにした、
そんな感じの、クリスマスデートが夢」

と答えたのです。

その話を聞いた彼は、驚くように私を見つめ、
日頃、秘書業務でスーツ姿の多い私から、
ジーンズとロングブーツの答えを聞くと思っていなかったと笑いながら、

「自分も休日はジーンズ派だよ。そんな感じでデートしようよ」

というわけで、

クリスマスにジーンズスタイルでのデートをすることになりました。

日頃のイメージとのギャップというのは、
大きいほど相手の心に響くようで、
当日の彼は、私のジーンズ姿を褒めてくれました。

二人揃って、ジーンズというラフな格好でのデートでしたので、
高級なホテル等のクリスマスの食事は出来ませんでしたが、
普段みたことの無い一面に惹かれ、結局、彼の告白を受け入れました。

私のわがままな夢を叶えてくれた、彼の気持ち。
私にとっては、忘れられない最高のクリスマスと思っています。

C777_kotatudesantabouwokabuttahutari500

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この例では、男性からのお誘いですが、女性視点での話になっています。

普段見たことの無い一面や、ギャップというものに女性は弱いようです!

そして、何よりも相手の要望に応えてあげること!

この例では、相手の要望に応えているからこそOKしてもらっていますよね。

気になる相手に、

どこか行きたいとこはあるか?
したいことはあるか?

探りを入れて、「それじゃあ、クリスマスに叶えてあげるよ!」
という作戦もありかもしれません。 

 

当時好きな男性をクリスマスデートに誘いました

■女性20代前半 会社員

ちょうどクリスマスイブとクリスマスが土日にかぶっていた、
恋人たちにとってはまさに当たり年の当時、好きな男性がいました。

その男性とは友人主催の合コンで11月の始めに知り合いました。

一目見て彼に惹かれ、話してみたらとても楽しかったのです。

彼にとっても印象が悪くはなかったようで、
飲み会の後に食事に誘われ何度か遊びに行く関係でした。

しかし特に発展はなく、
次のデートの約束をしては友達のままの関係が続いていました。

街がクリスマスムードに包まれ、
テレビでイルミネーション特集が始まるころ

(せっかくのクリスマスは彼と過ごしたい!)

という思いが強くなり、意を決して自分から彼をクリスマスデートに誘いました。

12月頭にいつもどおり食事をした帰り道、

「またおいしい物食べに行きたいね」

と彼が言ってくれた時に

「今年24、25って土日ですよね!
○○さんはどう過ごされるんですか?」

と聞いてみました。

すると、

「平日だったら仕事って言えるんだけどね…未定です(笑)」

との答えが返ってきたので

「そしたらお肉とケーキ食べませんか?」

と食事ネタに絡めて誘ってみました。
結果は大成功!
その場で、

「いいね!行こう!」

とOKの返事を頂きました!

AL002_winksuruol20140722500

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの例では女性からのお誘いとなります。

クリスマスに仕事が休みだという情報をつかんでおり、
それをジャブとしてぶつけていきます。

そして、最後には相手にとっても悪い話ではない、
ご馳走をダシとして使っています。

相手の逃げ道を塞ぎつつ、相手にとってメリットがある誘いであれば、
誘いの成功確率はあがります。 

 

サークルの先輩とのクリスマスデートの思い出

■男性 10代後半 大学生

大学1年生のクリスマスイブの日に、
ずっと好きだった女性を誘ってデートをしました。

私より3歳年上のサークルの先輩で、
住んでいたアパート(コーポ)が同じだったこともあり、
以前から暇な休日に2人で出かけることがよくありました。

ボウリングをしたり、カラオケに行ったり、焼き肉の食べ放題に行ったり…

とにかく2人で暇つぶしをすることが多かったです。

周囲からは姉と弟みたいと言われていましたが、
きっと先輩も私を弟のように見ていているだろうな

と私も薄々感じていました。
でもそれくらい仲良しでした。

「24日は映画を見に行こう」

とさりげなく私の方から誘いました。

クリスマスなんて関係なく、
いつもの暇つぶしだよという感じで。

しかし、私としては映画を見た後にレストランで食事をし、
帰り道に機会を見計らって告白しようかなと考えていたのです。

もうすぐ先輩は卒業してしまうので告白するのは、今しかないと考えていました。

それで当日になって映画を見た後、食事をし、
アパートに向かって二人で歩き始めました。

どのタイミングで告白しようかなとドキドキしながら歩いていたと思います。

一応、何か会話していたと思いますが、上の空でした。

それで一瞬話が途切れ、シーンと静まりかえったので

(今がチャンスかな?)

と思っていざ告白しようとすると、

先輩が突然立ち止まり私に告白しました。

好きだから付き合って欲しい、と。

(はぁ?一体何言ってるの?)

という感じでしたが、どうやら先輩も私のことを好きでいてくれたようで、
でも、クリスマスイブだというのに私が全く告白する気配が無いから
仕方なく自分で言ってみたとのこと。

あと3秒待ってくれていれば、僕の方から告白していたと言い訳をすると
先輩は笑っていました。

そして、その日から僕達の関係はかわりました。

告白し合った後、アパートまで手をつないで帰ったのを覚えています。

周囲から姉と弟と言われていましたけれど彼氏彼女になった瞬間です。

今思い出しても照れくさいですが、良い思い出となっています。

PAK88_tewotunagiarukuyokohama20140301500

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この例では、既に両思いだったわけですが、
ものすごく青春しているので、思わずニヤッとしてしまうような体験談になります。 

クリスマスの誘いにOKをもらった時点で、
告白の成功率は既に高い状態なのかもしれません。 

以上、クリスマスデートの誘い方例でした!

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク