サンタクロースの移り変わりの歴史、彼もこうやって変化してきた!

チェック赤2 コピー

サンタクロースのモデルは『聖ニコラウス』という人物です。
彼には、聖人たるエピソードがいくつもあります。 

そんな彼の話ですが、17世紀にアメリカへ移住してきた、
オランダ系のプロテスタントたちにより、
その物語はアメリカへと広まっていきました。

 

初期のサンタクロース

アービングという作家が1809年に

「ニューヨーク史」

という作品を発表しました。

その作品には、
馬に乗ってやってくる、聖ニコラウスが
作品で登場しています。

 

しかし、時が経つにつれて、サンタクロースは姿を変えていき、
現在では、

トナカイ、赤い服、白いひげ、おじいさん

といったイメージが定着しています。
いったいどういった移り変わりがあったのでしょうか。

 

サンタクロースの移り変わり

決定的にサンタクロースへと変化したのが、
1823年に詩人のクレメント・ムーワの作品

「クリスマスの前夜」

になります。

 

クレメント・ムーワが考えたサンタクロースとは、
いったいどんなサンタクロースだったのでしょうか。

 

まず、ソリを引くトナカイが登場します。

そして、サンタクロースのしぐさや喋り方、
笑い方などの細かい設定。

そして、妖精のサンタクロースが煙突に登るといった
私たちの知っているサンタクロースにかなり近い形になりました。

 

そしてさらに、1860~80年あたりに活躍していた
挿絵画家・風刺漫画化で知られるトマス・ナストが

「ハーバーズ・マガジン」

のクリスマス号に描いたサンタクロースが、
見た目のイメージを確立しました。

彼が描いたサンタクロースは、
赤い服を着ていて、メガネをかけて、
太っていて、仕事場は北極にあり、
良い子と悪い子が分類されたリストを持っている、というものでした。

これで、私たちが知っているサンタクロースの姿になりました。

サンタクロースのイメージは、初めから固定されていたワケではなく、
紆余曲折を経て、現在の形になったのです。

 

102532

サンタクロースが広まった背景

私たちが知っている、サンタクロースになったのは
1860年頃なのですが、この頃は、
まだまだサンタクロースという存在は普及していませんでした。

いつ頃から普及してきたのでしょうか?

 

1930年~40年にかけて、大手企業のコカ・コーラ社が、
広告のイラストにサンタクロースを起用したのが始まりです。

この影響で、サンタクロースがアメリカ全土へ広まり、
世界中で、現在のサンタクロースのイメージが浸透していきました。

サンタクロースは年代を重ねる毎に設定が細かく変化していき、
昔は貧しい人々を救うという設定だったのですが、
現代では子供たちに、プレゼントを贈るという行事になりました。

そして、今ではクリスマス商戦のための
イメージキャラクターへと変貌していったのです。

 

伝統を重んじるドイツの、
フランクフルトにあるカトリック団体では、

「サンタクロース進入禁止」

のステッカーを配るなどし、
伝統回帰運動を行っているそうです。

 

 

諸事情あるかもしれませんが、
サンタクロースも時代に取り残されないよう、必死なのかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク