クリスマスソングの名曲は別れの曲ばかり

クリスマスのカップルイメージ

ーみんな大好きクリスマス
ー世の中はイベントで回っている

特に、クリスマスはオシャレな雰囲気も手伝って、
日本人に人気のある行事であることは間違いないでしょう。

日本のマーケットはハロウィン終了と入れ替わりに、
世の中がクリスマスグッズで溢れ返ります。

やれクリスマスツリーだの、
イルミネーションだの、
赤い服の白ひげおじさんなど、

あちらこちらでクリスマスを感じさせるものを見かけるようになります。

 

ーシャン シャン シャン ♪


と耳触りのよい、
鈴の音を効かせた音楽を、テレビCMや街頭で流れるBGMなど、
頻繁に耳にするようになります。

ー子供たちがワクワクするような楽しい雰囲気
ー恋人たちがムーディーになれるロマンティックな雰囲気

これらを演出して最高のクリスマスにするために、
やはり、クリスマスソングは欠かせません。 

 

日本で人気のクリスマスソング

昔は、

・きよしこの夜
・赤鼻のトナカイ

等の、
外国ソングの日本語版がクリスマスでよく歌われていました。

しかし、ポップが流行りはじめ、
様々なクリスマスソングが歌われるようになりました。

そこで、日本で定番と化している、クリスマスソングをあげてみようと思います。

・クリスマスキャロルの頃には(稲垣潤一)
・サイレント・イブ(辛島美登里)
・クリスマス・イブ(山下達郎)
・恋人がサンタクロース(松任谷由実)
・恋人達のクリスマス(マライア・キャリー)
・ラストクリスマス(ワム)

いずれも一昔前の曲になりますが、
誰しもが聞いたことがある名曲ばかり。

逆に、世の中には新しい曲が次々と出ているというのに、
クリスマスソングの名曲は、ある時代でぴたっと止まってしまっています。

 

注意!人気のクリスマスソングは別れの曲ばかり

実は、先ほど挙げた、クリスマスソングのほとんどは別れの曲となっています。

ワムの「ラストクリスマス」なんかは、かなりいい雰囲気の曲ですが、
英語だから歌詞の意味を理解してない人がほとんど。
あれ、別れの曲なんです。

雰囲気抜群の曲なのですが、

「この曲の雰囲気いいねー。」
「なんか、今の私たちにピッタリって感じ♪」

 とか、言わないようにしましょう。

 

大人になってわかるクリスマスの意味

子供の頃のクリスマスソングといえば、

「赤鼻のトナカイ」

に代表される、楽しい曲を想像していたはずなのに、

 

大人になるといつの間にか、切なめな曲が頭の中で鳴り響くようになります。
これは大人になって、クリスマスの切なさに気づいたからなのでしょうか?

ー過去に愛した人
ー楽しい時間は、一瞬

こんなことを、思い返しながら&気付いていきながら
歌詞の意味にも共感できるようになり、
より深く曲を楽しめるようになったから、かもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク