サンタクロースの起源は?モデルの聖ニコラウスとは?

Santa Claus

子供に大人気のおじいちゃんといえば?

そうです!

サンタクロースです!

私も幼い頃はずっと会いたいと思っていた人物の1人です。
幼い頃は、よく両親に

「良い子にしていないとサンタさんがやってこないよ。」

といわれ、
12月だけは極力良い子にしていたものです。(・ω<)

 

そして、当日には寝たフリをしてサンタさんを待ち構えます。

(一体、どんな人がどうやってくるのだろうか?)

と、抑えきれんまでのワクワクを持って布団に潜り込むわけですが、
ヤツは中々あらわれず、結局、
気づいてたら寝てた、というのが毎年のパターンでした。 (´・ω・`)

 

私のサンタクロースのイメージといえば、

「赤い服の優しそうなおじいさん」

ですが、みなさんはどうでしょうか?

 

ほぼ、これと近いイメージではないでしょうか。

テレビや絵本なんかで見るサンタが
そういう風に描かれていたためそう思うわけですが、
なぜ、優しそうなおじいさんなのか?

実は、サンタのモデルとなった人がいました。 

あまり知られていないサンタクロースの起源

聖ニコラウスという名前を聞いたことがありますか?
彼がサンタクロースの起源になります。

では、どうして彼がサンタクロースの起源かといいますと、
彼の名前をオランダ訛りの英語になって「サンタクロース」となったのです。

聖ニコラウスさんの本名は「サン・ニコラウス」といいます。

それが、「サンクト・クラウス」に変化し、
「サンタクロース」となったのです。

 

聖ニコラウスはどんな人物?

聖ニコラウスは西暦270年に生を受けた人物です。
西暦初期の頃のかなり古い人物といえます。

彼はローマ帝国の小アジア、ミュラの司祭を務めていました。
現在のシリアにあたります。

彼は敬虔(尊敬や愛が深いこと)なキリスト教徒で、
両親の遺産を受け継いで莫大な資産を手にしました。

これを彼は貧しい人々に分け与えました。
それが、彼の「聖」と呼ばれたる所以だそうです。

 

そんな彼についてこんなエピソードがあります。

 

ある日、一軒の貧しい靴屋さんが3人の娘たちを嫁に出そうとしていたのですが、
嫁入りの資金が無く、困っていました。

(いつまでも娘を養うことはできない・・・)

父親は悩んでいました。

099993

父親は悩んだ挙句、3人の娘たちを売り飛ばそうとしたのです。

それをどこからか知ったニコラウスは、靴屋の窓へ向かって
ポンッと金貨の入った財布を投げ込んだのです。

「やったー!娘たちを売り飛ばさずに済んだぞ!」

めでたし、めでたし

032181

 

突っ込みどころ満載なのですが、
彼にはこういったエピソードがたくさんあります。

嵐にあった旅人を助けたり。
幼い子供たちを守ったり。
貧しい人々に贈り物をしたり。

『火のないところに煙は立たない』

話の信憑性はおいとくとして、
これだけの善人エピソードがあるということから、
尊崇されていたということが伺い知れます。

 

ニコラウスがサンタクロースと言われるようになった所以

彼が行ってきたであろう数多くの偉大な善行はわかりました。
でも、なぜニコラウスがサンタクロースの所以なのでしょうか?

それは、彼が今まで行ってきた行動と、
古代ローマやゲルマンで信じられていた「贈り物の主」の伝説が融合され、

「聖ニコラウス」=プレゼントの贈り主」

というイメージが次第に定着してしまいました。

 

現在その文化が、スイス・フランス・ドイツ・オランダなどでは、
聖ニコラウスの祝日の前日にあたる12月5日の夜に、
子供たちの靴下などにプレゼントを入れるという風習が残っているそうです。

ちなみに、なぜ靴下かといいますと、ちゃんと理由があります。
オランダでは、子供が眠ったことを表すのに木靴を並べるという風習からきています。

 

服が赤いのはコカ・コーラの後付

優しそうなおじいさんがニコラウスをモデルとしていることがわかりました。

では、なぜサンタの服は赤いのか?

これはコカ・コーラが宣伝のために、
コカ・コーラのイメージカラーである、
赤と白を使った衣装をサンタに被せたのです。 

この戦略が見事にヒット!

サンタ=幸せを運ぶ

このイメージをうまく使い、

コカ・コーラ=幸せなれる飲み物

のようなイメージを作り出すことに成功しました。 

 

そして、コカ・コーラ社の強力なマーケティングにより、
赤と白のサンタクロースが世界的に広がりつつもどんどん定着していったのです。

 

そして、日本でもこの完成されたイメージを使って、
多くの企業がクリスマスにサンタを使ったCMを流します。

そして、私たちは「赤い服の優しそうなおじいさん」として認識いく。
というわけになります。 

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク