スノーボードはレンタル?マイボード?ブーツだけは必須です!

もうすぐ冬がやってきますが、ウィンタースポーツの中でも、
スノーボードはそのカジュアルさからか、
特に人気があるウィンタースポーツではないでしょうか。

なんとなくかっこいいイメージがあって、知り合いに誘われ、
実際にやってみたら結構楽しくてハマってしまいました。

そんな方も多いのではないでしょうか。

ただ、スノーボードを始めるにあたってネックなのが、

道具が高い!
何を買えばいいのかわからん!

結局、レンタルで見繕ってもらうという人もいます。

でも、本当は初心者の人ほど自分の道具を使った方がいい理由があります。

今回は、スノーボードをレンタルでやるか、それともマイボード(マイアイテム)でやるか。
何が違うのか簡単に比較します。

結構ハマりそうなんだけど、マイボード買おうかどうしよう・・・

なんて方にピッタリな内容となっております。

スポンサーリンク

レンタルのメリット・デメリット

レンタルの一番のメリットは、自分の道具がなくてもできること

自分の道具でやるときには、道具を持ってスキー場まで向かいます。わりと荷物になります。

レンタルされる道具は、レンタル屋が教えてくれるので
スノーボードの知識がなくても大丈夫です。

デメリットとしては、時間がかかる、道具をあまり選べない

レンタルしてもらう際にサイズ合わせなどを行うのですが、
混んでいる時には、レンタル屋の前で行列ができてることがあります。

マイボード持参の友達を待たせているときの、焦燥感。
ムダに焦ったことがあります。

そして、基本的に道具の質は期待しない方がいいです。
ウェアも、かわいい・かっこいいものはなかったり、
ブーツがしみて濡れてきたり、ボードの滑りが悪かったり。

また、レンタルでは、人が使ったものを使っているので、
あまり衛生的ではないです。

中にはあまりの寒さに、鼻水を拭いている人もいるかもしれません。(-_-;)

マイボードのメリット・デメリット

自分の道具を使えるので安心して使えること。
レンタルするために使っていた時間をなくせることです。

スキー場の一日利用権ってだいたい6,000円くらいが相場なのですが、
ヘタしたらレンタル屋で一時間待ちを食らうこともあります。

高いリフト代を払って、一時間も待ちぼうけ・・・

そう考えると結構、損してませんか?

また、きちんとした道具を買えば、
すぐに濡れたりとか、足がめちゃくちゃ痛くなったりとかは普通はありえません。

同じ道具を使い続けることによって上達も早くなります。

レンタルの場合は、毎回違う道具を使うことになるので、
その道具に慣れて一日が終わり。

ということが起きてしまいます。

Snowboard boots with gloves and goggles

スポンサーリンク

上手くなりたいならマイボード必須

「やってみて結構楽しかった!」
「全然滑れなかったけどもっと上手く滑りたいなぁ」

(でも、マイボードはまだ早い、もっと上手くなってから買うかなー)

っていう人が結構いますが、

『また行こう!』

って思った人ははマイボードをさっさと買ってしまった方がいいです。

こういった人は、またスノーボードに行くので、
その時にかかるレンタル代がもったいないです。

買ったときにかかる瞬間的なコストは高いですが、
レンタルとマイボード・マイアイテム、10回も行けばほぼ同等。

それ以上行くなら、買った方が安上がりです。

はまっている人は平均して年5回以上は行くという人が多いです。

そして、早く滑れるようになりたいなら
マイボードで練習した方が確実に、そして早く上達します。

レンタル派でもブーツだけは買ったほうがいい

でも、年に数回しか行かないし、
そんなに何回も行けるかわからないから買うのに抵抗がある・・・

そんな人でも、

スノボのブーツだけは自分のものを使うことを強くオススメします。

スノーボードの道具の中でブーツが一番重要なのですが、
ブーツは、車でいうところのハンドルにあたります。

これが自分にあったものかどうかで
滑りやすさはかなり違います。

自分にあってないブーツの場合、コントロールがうまくできなくて、
怪我の原因にもなります。

ブーツだけなら大した荷物にならないので、
ブーツのみ持参で、他はボードはレンタル、そういう人も多いです。

いきなり全部買い揃える必要はもちろんないので、
自分の道具を考えている人は”ブーツ”を最初に考るといいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事