クリスマスケーキを半額で買う裏ワザ

クリスマスケーキ

クリスマスは私たち日本人にとって

・パーティーで盛り上がる日
・プレゼントをもらう日
・ごちそうを食べる日

という感覚が強いのではないでしょうか?
本来はキリスト教の行事なのですが、そういった感覚でクリスマスを過ごしている人は少ないと思われます。

ましてや日本では、クリスマス商戦からくる派手なコマーシャルによって
「イベントの日」というイメージを強く植え付けられています。
だから、12月25日は楽しい日だ!って感覚で捉えている人がほとんどのはずです。 

かくいう私もその一人なのですが、とくにクリスマスケーキを毎年楽しみにしております。

ケーキは年中売っていますが、
クリスマスの華やかな雰囲気の中で食べるケーキは格別で、
はちきれんばかりのワクワク感や幸福感がスパイスとなり、
誕生日に並んで、感動級のおいしさです。

毎年、ケーキを何種類か買ってバリエーションを楽しんでいるのですが、
職場の人にそんな話をしたら、
「よくそんなに食えるな」とか「お金かからない!?」とか言われます。

一度に全部食べるわけではないのでその辺は大丈夫です。

お金に関しては、安く買う方法があるのでたいしてお金をかけているわけじゃありません。
だって私はクリスマスケーキを半額で買っているのですから。

この、クリスマスケーキを安く買う方法を話したら意外と知らない人も多かったので、
今回は私が毎年使っている、ケーキを安く買う裏ワザをみなさまにご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスケーキを半額で買う方法

方法はいたって単純なものです。
クリスマスの終わり際にケーキを買う
これだけです。

クリスマスケーキは、例年12月25日の午後~夜になると、たたき売りが始まります。
なぜなら、26日以降はおせちが店頭に並び始めるからです。

この時期は旬なイベントが多く、一日変わるだけであっという間に安くなります。 
ただし、その年によって安くなるタイミングが微妙に異なったりします。 

中には半額以下まで値下がりしているものもあったりするので、
大変お買い得な価格でケーキを堪能できます。

クリスマスケーキが安くなるタイミングを予測する

さて、年によって安くなるタイミングが微妙に異なるのですが、
2014年はどのタイミングで値下がりがおきるでしょうか。

実は2014年はクリスマスケーキ半額時間予測が難しい年になります。
25日が木曜というのがポイントになります。 

はやい家庭では26日(金曜日)に帰省準備をはじめ、
27日(土曜日)には里帰りラッシュが始まります。
となると、25日の夜にのんきにパーティーをする人は減るかもしれません。

ということは、ケーキも早め早めになるのではないでしょうか。
2014年は25日の午前中からケーキの割引が始まるかもしれません。

毎年クリスマスケーキを割引で購入する私にとっては、
25日午前と25日午後の予測が出来ないのは何ともすっきりしませんが。 

今年も例年と同じような流れで
クリスマスケーキの販売をしてもらいたいものです。 

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事