クリスマスデートの誘い方!失敗しても気まずくならない誘い方

クリスマスにサンタ帽を被ったカップル

もうすぐクリスマスがやってきますが、
クリスマスの予定は入っていますか?
または、入りそうですか?

ちなみに私は夜まで仕事です(泣)

クリスマスほど、夜一人で帰るときに
寂しいと思う日はないような気がします。

クリスマスソングに乗せ、仲良く歩くカップルの後ろ姿を見て、

世間にはこんなにもカップルがいたのか!

と突きつけられ、やるせなさを覚えます。

どうやったらクリスマスまでに恋人ができるのだろうか?

というか、そもそもタイムリミットが近い・・・

恋人でなくとも、異性とクリスマスを過ごしたい・・・

ならば、クリスマスデートだ!

・・・でも、どうやって誘えばいいの?

という悩みを解決すべく、デートの誘い方を調べてみました!

しかも、ただの誘い方ではありません。

こういった時って身近な人を誘うときことが結構多いと思います。
でも、断られたあとに関係が気まずくなるのはイヤですよね?

というわけで!

断られても気まずくならないクリスマスデートの誘い方になります! 

スポンサーリンク

断られても気まずくならない誘い方

「クリスマス空いてる?」

やはり、直接(ダイレクト)にストレートな言葉で、
誘われるとドキッ!とか、キュン!ってなります。

ですが、この言葉のポイントは、
「クリスマス、空いてたらデートしよう」
という意味合いがありながら、 

「デートしよう」

と言葉にしてない点にあります。

クリスマスに誘われる=デートのお誘い

のイメージが日本では浸透していますから、そこをうまく利用します。

クリスマスの予定だけ聞いているのに、
意味的にはクリスマスデートの誘いになります。

これなら相手も断りやすく、

「予定あるんだ〜」

と言われても、そうなんだ〜で終わります。

誘うトーンが大事

とにかく大事なのは誘うトーンになります。

同じ言葉でも真剣に言われるのと、
冗談めいた感じで言われるのとでは、
受け取る側の印象は変わりますよね。

人は、真剣な場面になると緊張して身構えます。

身構えられると、相手が心を開きづらくなるので、
スッと通り抜けるほどのイメージが重要です。

軽い感じというのは、やわらかい感じとほぼ同じです。

やわらかい感じで誘えば、
断られても気まずくならない上に、成功率もあがります。

ナンパも軟らかい(やわらかい)という意味から来ています。

ナンパ師といえば、チャラついてふわふわした、
やわらかいイメージがありますが、
硬派なナンパ師はイメージしにくいと思います。

なぜなら、硬派なナンパ師がほぼいないからです。
硬い感じで誘っても、それに乗ってくる人はあまりいないのです。 

チャラついた印象を与えるのはNGですが、
やわらかい印象はGOODです。 

スポンサーリンク

例にしてみる

トーンを文章で表現してみました。
文字だけだと、かなり難しいので イメージしてみてください。

真剣な感じ

「クリスマス、空いてる?」【真顔で顔を見つめながら】

「えっ、まぁ予定あるけど」(びっくり)

「・・・そっか。」【ショックがる】

「えっ、なんかごめんね・・・」(気まずさ)

男性の誘いを受けている女性

やわらかい感じ

「クリスマス空いてる?」【顔だけ相手に向けながら】

「もう予定あるんだ〜」(同調)

「そっか〜」【軽く残念がる】

「また今度誘ってよー」(お詫びの言葉)

いかがでしょうか?
イメージできるでしょうか?(汗)

やわらかい印象を与えるには、相手にしっかりと向き合わないことです。

しっかりと向き合うとどうしても身構えるので、

顔だけ向ける、携帯をいじりながら、歩きながら

こんな感じ誘うと自然とやわらかく誘うことができます。

ただし、告白やプロポーズなどの、
真剣さが必要な場面で上の行動を取ると、
相手を怒らせてしまうことになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事