【動画】秋刀魚をきれいに食べる方法ー誰かに披露したくなる骨の取り方!

さんまの骨抜き

秋の魚といえば、秋刀魚(さんま)が有名ですよね。
その名の通り、秋に脂がのる魚です。

食卓に出てくるときには、塩焼きが定番ではないでしょうか。

大根おろし、すだちをかけて、いざ、口の中へ。

あのほどよい脂と、しっかりした味はたまらなくおいしいですよね。

ですが、 骨が多いため食べるのに一苦労・・・
きれいに骨が取れず、手はよごれ 食べ終わった後も、
小さい身がまだ残っていた・・・

そんな経験はないでしょうか?

しかし!

実は超かんたんに!一発で!きれいに骨をとる!

そんなウラ技のようなテクニックがあったのです!

私はこれをみたとき、あまりのすごさに他の人に披露したくなる衝動に駆られました。
居酒屋の席で披露すれば、
アッといわせるネタにもなるかもしれません。

スポンサーリンク

2つの骨の抜き取り方

かんたんに骨を取る方法は2つあります。

  • 小骨・内蔵を残す取り方
  • 小骨・内蔵も取る取り方

酒好きな方など内蔵も好んで食べる人もいますし、小骨も食べてします人もいます。

逆に、苦い内蔵が食べれない人や小骨がのどにひっかかりやすい人もいます。
パターンに応じて使い分けれる2つの方法をお伝えします。

小骨・内蔵を残す取り方

こちらの方が小骨や内蔵を取る必要がないため、やり方はかんたんです。
動画をみるとわかりやすいです。

STEP 1

秋刀魚の背中とお腹をお箸でもんで、ほぐしていきます
尾ヒレから頭、頭から尾ヒレと往復すると、さらに取りやすくなります

STEP 2

しっぽの部分を折ります
これは最後に頭から骨を抜くため、ひっかからないようにするためです

STEP 3

エラの部分にお箸をいれて、頭を外しやすくします

STEP 4

秋刀魚の身の部分を抑え、頭を持って骨を引き抜きます

スポンサーリンク

小骨・内蔵も取る骨の取り方

こちらは小骨や内蔵も取る分、もう少し手間はかかりますが、格段に食べやすくなります。
子供に食べさせてあげるときなんかにも使えます。

こちらは動画がありませんが、上の方法と似ているので動画をみるとわかりやすくなると思います。

STEP 1

秋刀魚の背中側の身をお箸でもんで、ほぐしていきます
尾ヒレから頭、頭から尾ヒレと往復すると、さらに取りやすくなります

STEP 2

エラの部分にお箸を入れます
お箸の入れ方は身の部分と分かれるよう、切れ目を作る感じです

STEP 3

背中側からお箸を入れ、秋刀魚を半身の状態に開きます
頭側からしっぽへ向かってお箸を入れると、開きやすいです

STEP 4

開いた身の背中側と、お腹側に小骨が並んでいるので、
お箸をたてて横にスライドし、小骨を取り除いていきます

STEP 5

内蔵の部分も同じ様に取り除きます

0e35e71619e0dd24e6ec80647972e8c4_s.jpg

秋刀魚のきれいな食べ方

いかがでしたでしょうか?

上の方法を使えば、秋刀魚を食べやすい状態にできるので自然ときれいに食べることができます。

取り除いた骨などは、違う取り皿に移したり、お店などで笹がついてる場合は、笹の下に隠します。

そうすれば、食べてるときにも邪魔にならず、よりいっそう秋刀魚をおいしく味わうことができますよ!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事