ハロウィンのジャックオーランタンってなに?実は由来となる伝承があった!

ジャックオーランタン

ハロウィンのときによく見かけるモノとして、
顔の形にくり抜かれたカボチャを 見たことはありませんか?

あのカボチャは「ジャックオーランタン」というのですが、
ハロウィンを象徴するような存在となっています。

小さな頃から見ているので

ジャックオーランタン = ハロウィン

となんとなく結び付けられますが、
一体、なんの意味があってカボチャをくり抜いて、ランタンのように見せているのでしょうか?

ジャックオーランタンがあるだけでハロウィン雰囲気抜群になりますが、
わりと謎な存在じゃありませんか?

今回の記事では、そんなジャックオーランタンについて触れていきます。

スポンサーリンク

ジャックオーランタンはなんでカボチャ?

ハロウィンでいう、ジャックオーランタンはカボチャを顔の形にくり抜き、
その中に ロウソクなどで灯りをともしたランタンになります。

今でこそカボチャですが、最初の頃はカブを使っていたようです。

ハロウィンはスコットランドからアメリカへ広まり、
アメリカからやがて世界へ広まるのですが、

始まりであるスコットランドではカブをランタンにしており、
現在でも、スコットランドではカブをランタンに使っているようです。

広まった先である、アメリカではカボチャの生産数が多かったため、
カブよりもカボチャをランタンにすることが定着していきました。

そして、アメリカスタイルのまま ハロウィンが世界へ広まり、
カボチャのランタンとして親しまれるようになりました。

ジャックオーランタンの由来

ジャックオーランタンは英語で Jack-o’-Lanternと書きます。

o’は略された形になっているのですが、略さずに書くと

「Jack of the Lantern」

日本語に訳すと「ジャックのランタン」という意味になります。

ジャックというのは スコットランドの伝承に出てくる主人公の名前です。
どんなストーリーなのか、ざっくりと書きます。

~伝承のストーリー~

ジャックという、ずる賢い遊び人がいました。

ジャックはある日、悪魔に出会い、魂を取ると脅されました。

しかし、ずる賢いジャックは悪魔はあざむき、

逆に、死んでも地獄に落とさないとする契約を結びつけました。

やがて、ジャックは年をとり死にました。

ろくな生き方をしていなかったので、天国に行くことはできませんでした。

地獄に行こうにも悪魔との契約で、それは叶いません。

他に行く場所を探そうとしましたが、そこは光がない真っ暗な場所でした。

ジャックは灯りを求め、悪魔から火の玉をひとつ、もらいうけました。

その火の玉をカブの中に入れ、ランタンとして灯りを手に入れました。

とうとう、闇の中で灯りひとつ、ジャックはさまよい続けることとなりました。

~終わり~

 

という話が由来となっているようです。

ハロウィンのかぼちゃ

スポンサーリンク

ジャックオーランタンの意味

ハロウィンの起源をたどると、魔除けの儀式にたどり着きます。

そこでは、闇の勢力から身を守るため、
子供に仮面をつけさせたり、 かがり火を焚いて、魔除けの火としていました。

その魔除けの火がジャックオーランタンにつながってきます。

アメリカではジャックオーランタンを玄関口に飾っておき、
カボチャの恐い顔で、魔のモノをこわがらせ、家に近づけないよう、魔除けの役割をしています。

そのため、滑稽な顔だけでなく、 ちゃんと恐い顔をしたジャックオーランタンもあるようです。

日本ではすっかり、かわいいイメージで定着していますが、 実はそんな意味が隠されていたのです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事