イラッ!とするマスク・メガネの曇りを身近にあるもので防ぐ方法

スポンサーリンク

シェアする

マスクとメガネを同時装着していると、マスクから息が漏れてメガメが曇ってしまう事がありますよね。

温かい飲み物を飲む時や、アツアツの食べ物を食べる時なら、その時だけなので良いのですが、マスクでメガネが曇ってしまう場合、呼吸する度に曇ってしまいイライラしませんか?

そこで今回は、メガネがマスクで曇ってしまう原因や、予防方法、対策を紹介します。

どうしてメガネが曇るの?

「マスクかメガネのどちらかを外せばいいのに」と思うかもしれません。

しかし、風邪気味の時や花粉症の時期など、どうしても併用しなければならない事もあります。

曇りが起きる原因は、温度と水蒸気が関係しています。

簡単に言うと、冬になると外気と室内の温度差で窓ガラスが曇ります。

これを「結露」と言います。

この同じ状態がメガネのレンズ上で起きる事でメガネが曇ります。

マスクで覆われているので、普段より呼気が温まります。

このマスクから漏れた温かい呼気に含まれた水蒸気が、レンズに当たり冷やされる事が曇りを作ります。

そして、マスクをする事で、呼気逃げ道が鼻とマスクの間しかなく、上部に逃げた温かい呼気がメガネを曇らせているのです。

メガネに工夫して曇りを防ぐ

メガネに少し工夫を施すことで曇り防止する方法を紹介します。

曇り止め剤

クロスタイプからスプレータイプまで色々な物が販売されています。

特に最近、口コミで人気なのがジェルタイプの曇り止めの「アンチフォグ・レンズクリーナー・ジェル」です。

こちらはジェルをレンズの両面に塗って使用します。

「メガネをしたままラーメンを食べても大丈夫だった」という声や「お風呂でも曇らなかった」など、かなりの高評価です。

お風呂くらいメガネを取ってもいいなじゃないかと思いますが、お風呂で曇らないとは驚きですよね。

しかも、ジェルは一日一回の使用でその日は快適に過ごせるということなので簡単ですね。

メガネ屋さんもオススメしている商品です。

中性洗剤をぬる。

こちらは家庭にある生活用品を使う方法ですので、わざわざ買い物にでかけなくてもすぐにできる方法です。

その方法とは、中性の食器用洗剤をレンズに薄く塗って洗い流すといった方法です。

中性洗剤には界面活性剤が使用されているのですが、これは一般の曇り止めにも使用されているもので、中性洗剤を軽く塗ることで市販の曇り止めと同じ効果が期待できます。

使用する時は、ごく薄くレンズに塗って水で洗い、優しく水気を拭き取りましょう。

歯磨き粉をぬる

こちらもすぐに試せる方法です。

歯磨き粉の中に入っている弱い研磨成分が、レンズについた油膜を取り除きます。

油膜がなくなる事で水滴や水蒸気を付きにくくし、鬱陶しい曇りを防ぎます。

ただし、研磨剤によってはレンズに傷がつく場合がありますので、この方法を試される時はご注意ください。

マスクに工夫して曇りを防ぐ

マスクに工夫する事で出来る曇りを止める方法を紹介します。

この方法は使い捨てマスク時に有効な方法です。

マスクを折る

使い捨てマスクの多くに鼻にフィットさせるための針金が入っています。

この部分をねずみ返しにするような形で内側に折り込み、後は通常通りに鼻に合わせて使用します。

咳やくしゃみで、一瞬だけ曇る事もありますが、この工夫だけで曇りがかなり軽減されるのでぜひ試してみてください。

ティッシュペーパーを挟む

マスクの横の長さに合わせて細く折った一枚のティッシュを針金の部分にあわせて、鼻と針金の間に挟みます。

これは、鼻とマスクの間に出来てしまう隙間を埋める事で曇るのを軽減する方法です。

綿棒の先や綿球(めんきゅう)を貼る

材料が必要になりますがマスクにする工夫の中で、一番効果が期待できる方法です。

綿棒の先を切り取って使うか、ドラッグストアなどで手に入るだ円形型の綿球を針金に接着して使います。

接着前に必ずマスクを試着して、マスクと鼻の隙間が出来てしまう部分の左右に接着します。

これで、呼気が逃げる隙間をなくす事が出来るので、メガネが曇りにくくなります。

まとめ

最近は多くの「メガネが曇らないマスク」や今回の工夫の中でご紹介した、マスクと鼻の隙間を埋めるノーズパッド等のも販売されていますが、使い捨てだと割高になってしまうし、何度も買いに行くのも手間なので、身近な物を使った工夫でなんとかできたらいいですよね。

出先などでもすぐに試せる方法ですので、車を運転中で絶対に曇ってほしくないときなどに試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事