おせち料理になぜ栗きんとん?金運上昇の効果があった!?

お正月のお節料理の中でも人気のある栗きんとん。

美味しいけどお重に少ししか入ってなくて・・・たくさん食べたいと思った事はありませんか?

実は意外に簡単に美味しく作れるんです。

そこで、栗きんとんがお節料理に入る様になった理由や簡単レシピ、アレンジメニューを調べてみました。

スポンサーリンク

おせち料理の栗きんとんが入る理由

栗きんとん以外の料理にもそれぞれに由来があるのはご存知ですか?

黒豆なら「マメに働けますように」、海老なら「海老の様に腰が曲がるまで長生き出来るように」等が有名です。

もちろん栗きんとんにも由来があるのです。

由来

正しくは「栗金団」と書くそうです。

この「金団」は「金の布団」を意味し金塊や小判になぞらえて、「金運上昇」や「商売繁盛」を意味する「福食」にとしてお節に入れられるようになりました。

三段重

正しい料理の詰め方もあるそうです。

昔は五段重が一般的でしたが、家族構成の変化から三段重が使われるようになりました。

栗きんとんは「口取り(くちどり)」として蒲鉾等と一緒に甘い料理中心の一段目に詰められる事が多いそうです。

ただ綺麗に詰められているだけかと思っていましたが、それぞれに深い意味を持っていたんですね。

栗きんとんレシピ

栗きんとんのレシピをご紹介します。材料も少なく、意外に簡単に作る事が出来ます。

四人分のレシピ

材料

  • さつまいも300g
  • 水 6カップ
  • 砂糖 90g
  • みりん 1/2カップ
  • 栗甘露煮の瓶詰め 1瓶(10~12粒)
  • 栗甘露煮のシロップ 1/2カップ

作り方

  1. さつまいもを2cm程の輪切りにし、5分位水にさらします
  2. 厚めに皮をむいた1を鍋に入れ6カップの水で煮る
  3. 2のさつまいもに竹串が通る位柔らかく煮えたら取り出しマッシャーで潰す
  4. 裏ごし器、または網目の荒いザルで裏ごしする(※省いても問題はありませんが、この工程で舌触りの良い栗きんとんになります)
  5. 4のさつまいもを鍋に戻し、砂糖、みりん、甘露煮のシロップを入れ中火にかける
  6. ヘラやしゃもじでかき混ぜ粘りが出て、もったりしてきたら弱火にして練る(焦げやすいので弱火で絶えず混ぜる)
  7. 好みの硬さになったら火から下し、栗の甘露煮を加えて軽く混ぜて完成

これで栗きんとんの完成です。甘さや硬さはお好みで調節してくださいね。

もし手元にあればクチナシの実を、お茶パック等に入れ破片が鍋に入らないようにして、さつまいもを煮ると仕上がりの色が綺麗です。

スポンサーリンク

変わりきんとん

少し変わり種のきんとんや、栗きんとんのアレンジをご紹介します。

りんごきんとん

名前の通り、「栗」ではなく「りんご」が入った甘酸っぱいきんとん。

上記の1~6の工程できんとんを作り、最後にりんごの甘煮を入れれば簡単にできそうです。

仕上げにラムレーズンを入れても違う美味しさを楽しめます。

紫栗きんとん

色が綺麗な紫を使った栗きんとん。定番の栗きんとんと一緒にお重に詰める事で華やかになりそうです。

栗きんとんのアレンジメニュー

栗きんとんは冷凍保存もできますが、簡単なアレンジメニューをご紹介します。

マロンパイ

材料

  • 冷凍パイシート 2枚
  • 栗きんとん 適量
  • 卵黄 適量

作り方

※予めオーブンを200度で予熱しておきます。

  1. パイシートを1枚につき9等分する
  2. 1のパイシートの9枚の中央に栗きんとんを乗せる
  3. 9枚のパイシートを2の上に乗せ、四方をフォークなどで押して閉じる
  4. 3に卵黄を塗って200度のオーブンで10分、180度に下げて10分焼いて完成

栗きんとん炊飯器ケーキ

材料

  • 栗きんとん 適量
  • ホットケーキ・ミックス 200g
  • 牛乳 200cc
  • 溶かしバター 20g
  • 卵 1個

作り方

  1. 栗きんとん、ホットケーキ・ミックス、牛乳、溶かしバター、卵をボウルで混ぜる
  2. 1を炊飯器に入れ、炊飯器のスイッチを入れて炊きあがりを待つ
  3. 釜から取り出し、少し冷まして完成

他にもバニラアイスにトッピングしたり、食パンに乗せてトーストするなどの、乗せるだけアレンジ法もあります。

これなら食べたい時にお手軽に楽しめます。

まとめ

市販されたものを詰めるだけになりがちなお節料理ですが、手作り栗きんとんは、甘さや硬さを自分好みに調節出来るところもオススメのポイントの一つです。

裏ごし作業や作る工程を、お子さんに手伝ってもらい、家族で作るのも楽しそうです。

我が家の定番に加わる様な、お好みの味を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事