予想外デス!?クリスマスに驚かれるサンタ以外のコスプレ3つ

クリスマスは聖なる夜。

普段と違った装いでクリスマスパーティ―を開くのも楽しいものです。

日本全国が浮かれているこの日だからこそできるコスプレを、思い切ってやってみるのもいいのではないでしょうか?

今回はサンタやトナカイなどの定番コスプレではなく、それ以外の別モノのコスプレを3つ紹介します!

スポンサーリンク

クリスマスの定番中の定番!キリスト!

出典:https://goo.gl/images/fLCALJ

やはりクリスマスといえば本来はこの方の誕生日!ということでキリストのコスプレです。

クリスマスのきっかけを作った人物ですので、この方のコスプレをしておけば間違いありません。

ある意味サンタよりも正解、むしろするべきとも言えます。

コスプレのポイントとしては少し露出度が高めであることが言えます。外で着替えるときは冷えますので注意してください。

ただし、そのぶん衣装は用意しやすいと思います。白くて長めの布をうまいこと巻くことで完成します。もし無ければシーツでも構いません。

髪の毛は長めでブロンドヘアーでであると申し分ないです。

ちょっと厚めの本を片手に持つことで、ぐっと説得力が増します。

大掛かりにやりたい方は十字架を背中に背負わせることでさらにストーリー性を高めることができます。

「勧誘でも始めんの?」

万が一、こう突っ込まれた時の切り返しとして、お経を唱えるように予習しておけばなおインパクトが増すでしょう。

冬と言えばこれしかない!クレアおばさん!

出典:https://goo.gl/images/QhC7er

言わずと知れたクリームシチューを作るのが得意なおばさんです。

冬の季節になるとどこからともなく現れ、みんなにクリームシチューを振舞ってくれます。

クレアおばさんのコスプレをする場合は、全身が緑におおわれた、かっぽう着が必要不可欠になります。

販売されているかどうかは分からないので、手に入らない場合は自作するほかにないと思います。

とくにクレアおばさんがかぶっているモブキャップと呼ばれる帽子は、最近では医療の現場ぐらいでしかお目にかかることがなくなってしまいました。

さらにさらにクレアおばさんのキーアイテムとなるのが、極端にレンズの小さいメガネです。

これも最近では見かけない代物なので、大きな眼鏡屋さんに行かなければ手に入らないかもしれません。

そして一番大切なのがシチューの味です。

いくらそっくりなコスプレをしても、シチューが美味しくなければすべて台無しなので、前日から仕込み、完璧に仕上げましょう。

「え?めんどくさいって?」

でも、料理上手のアピールができるので男子にはバカ受けしますよ。

まずは胃袋をつかめ、って言いますよね?きっとそういうことです。

スポンサーリンク

クリスマスソングの帝王!山下達郎!

出典:https://goo.gl/images/kdh7mu

この人を置いてクリスマスは語れません。

クリスマスになると必ずといっていいほど流れる日本のクリスマスソングが「クリスマス・イブ」です。

「きっと君はこな〜い♪」のあの曲です。

この曲を聴かずしてクリスマスは終えられません。

山下達郎のコスプレをすると、必ずクリスマス・イブを歌わされるので、当日を迎える前に歌詞を見ないで歌えるくらい覚えておきましょう。

山下達郎のコスプレはなかなか難易度が高いです。

なぜなら彼はあまりメディアに露出することがないので、どんな格好をしていたか知らない人が多いのです。

顔もあまり知らない方もいる可能性もあります。

ですから、下手したらコスプレと気づかれない可能性すらあります。

でも、そんな場合でもギターを用意すればばっちりです。

他には、チェックのシャツと、髪が長いこともほぼほぼ確実なので髪を伸ばすことも忘れずに。

髪さえ伸ばしておけば、もし周りに山下達郎を知らない人が多いなと思っても、直前でキリストにシフトすることができます。ダブルスタンバイで臨みましょう。

コスプレは難しい

コスプレは周りに伝わらなければただの自己満足に終わってしまうので、チョイスが重要です。

今回紹介したコスプレがもしも伝わらないと思ったら「雪見だいふく」や「ブッシュドノエル」「ハッピーバーレル」など、食べ物のコスプレを選ぶと伝わりやすいのでおすすめします。

というかこっちの方がわかりやすくていいかも?

クリスマスにしかできないコスプレをして、年に一度のぶっとんだ最高の夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事