久保建英元バルサ中3でU18に飛び級!動画でみる日本のメッシ!

サッカーの話題です。

元バルサユーズの久保建英(くぼたけひさ)が、来年、飛び級で東京クラブチームのU18へ昇格することが分かりました。

これにより、中学3年生ながらJリーグデビューする可能性も出てきて、より一層の注目を集めることになるでしょう。

そんな彼の、現在までに放った代表戦でのスーパーゴール動画を一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

久保建英は現在14歳!将来はメッシのような選手に!?

まずは、久保建英のスーパープレー動画をみてください。

ディフェンダーに囲まれても異様な落ち着きを見せ、相手をかわしてシュートコースが空いたら、パワーというよりは、ゴールに向かってパスを出すように正確なシュートを叩き込む。

左足で相手をかわしていることからも、このプレースタイルはメッシを彷彿させますね。

久保建英は、13歳の頃までバルセロナに所属していました。

バルセロナといえば、過去にはロナウジーニョ、現在はメッシと、スーパースター軍団チームです。

久保建英は日本人でありながら13歳という若さでバルセロナに所属していたわけですが、退団しています。

その理由は、実力不足だったからというわけではなく、サッカークラブの移籍問題です。

国際的な移籍市場では、18歳未満の外国人選手の獲得が原則禁止されています。

バルセロナはこれに違反してしまい、退団処分をくだしたのでした。

このため、久保建英は2019年の18歳になるまで、バルセロナのユニフォームを着る事ができません。

ですので、それまでの間は日本のJリーグでプレーが見れます。

18歳になったころには、またバルセロナに戻るとも期待されていますが、このまま順調にいけば日本代表の中心選手となっていくでしょう。

現在、久保建英は14歳ですが、東京U15むさしに所属しています。

まだまだ成長期の段階にあり、U18として活躍していくとなると、フィジカル面での課題が残ります。

現在の身長は日本の14歳の平均身長の160cm前後とみられていて、時間がたてばフィジカル面もクリアしていくと思いますが、ケガだけが心配です。

久保建英は15歳でのJデビュが期待されていますが、実は、2004年に15歳10ヶ月でデビュした選手がいます。

それは、FWの森本貴幸です。

森本もまた、中学生ながらJの舞台でプレーをしていました。

ロベカルと対峙したこともあり、ロベカルに将来を期待された選手でもあります。

あれからもう10年たったと思うと月日が経つのをあっという間に感じますが、久保建英が日本代表として活躍する日もあっという間にくるのでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事