おちまさと越智千恵子が離婚!娘の親権がおちまさとになった理由

スポンサーリンク

シェアする

プロデューサーのおちまさと(49歳)と、タレントの越智千恵子(28歳)が離婚しました。

この離婚は、21日におちまさとと越智千恵子の双方のブログで離婚の事実が発表され、衝撃を与えるとともに、一部では「やっぱりか」という声も見られます。

おちまさとは「学校へいこう」や「ガチンコ」などを手がけた敏腕プロデューサーで、越智千恵子とは2008年に結婚しました。

当時、21歳の年の差婚ということで、世間では騒がれましたね。

おちまさと越智千恵子、7年で離婚

結婚してから2年後には子供が生まれるのですが、それから5年後の2015年、遂に離婚してしまいました。

実は、おちまさとと越智千恵子は、この少し前から別居の噂が出ていたり、不仲説が出ていました。

なので、一部では離婚するのも時間の問題ではないかと思われていたようです。

越智千恵子は第二子を授かったこともブログで報告していたりしましたが、ある日を境に、越智千恵子のブログは更新されなくなりました。

越智千恵子はブログで家族とのことも書いていたりしたので、不仲になったタイミングは、この頃からで、家庭のことを考えたくないから更新がなくなったのかと思われます。

離婚した後、娘の親権がとっちに移るかということですが、普通は子供は母親が引き取るケースが多いですが、今回、娘を引き取って育てるのはおちまさとの方だそうです。

ちょっと意外ですが、なぜなのかを最近話題になった喜多嶋舞と、大沢樹生の離婚のケースでみてみましょう。

このケースでは、大沢樹生が子供の親権を得たのですが、その理由は喜多嶋舞が育児をまともにしなかったのと、虐待があったからではないかと言われています。

虐待があった事実に関しては、週刊誌が息子に直接取材しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事