コンビニコーヒー比較!朝の一杯はどのコンビニがおすすめ?

 coffee

昨年後半辺りからコンビニコーヒーを飲む機会が増えてきました。

飲むのは普通のブレンドコーヒーでサイズはS、料金は100円です。
異業種も巻き込んだ激戦が繰り広げられています。

今時点の満足度は非常に高いですが、この先どう変化していくかも楽しみです。

 

スポンサーリンク

こんな場面で美味しいコーヒー

1杯のコーヒー

私にとって、コーヒーが美味しいと思う場面は、いくつかあります。

朝少し動いてからの一杯です。
起きてすぐではなく、朝食を食べて一段落してからの
一杯が好きです。

morning

この一杯は、少し動き出した体を、本格的動きに導いてくれます。

次は、仕事で緊張感のある打ち合わせを終えたあとの一杯です。
特に、13時頃からの打合わせを終えて、
16時頃の時間帯にほっと一息入れる一杯心地良いです。

coffee3

勿論、打ち合わせの結果が良ければ、美味しさも倍増です。

そして、トンカツを食べたあとの一杯です。
トンカツでお腹一杯になったあとの一杯が好きです。

とんかつ
コーヒーが、トンカツの美味しさと満腹感に
区切りを付ける役割を果たし、食事の満足感が一層高まります。

期待に応えてくれるコンビニのコーヒー

konbini

コンビニコーヒー満足度高いです。

私がコーヒーが美味しいと思う前述の場面で、
コンビニのコーヒーは期待に応えてくれます。

また、最近は、店内でゆっくりできるイートインの
スペースが設けられているコンビニも増えています。

先週、近所にオープンしたコンビニでは、
窓際に12席ほどのイートインのスペースが設けられていました。

淹れたてのコーヒーを店内でいただき、一息入れたり、
気持ちのギアチェンジをすることができます。

スポンサーリンク

感じる違い

coffee4

セブンイレブンは、ペーパードリップ方式です。
一杯ずつ豆を挽いて、ペーパードリップします。

main_150105

「参考画像:セブン-イレブン

ローソンの場合は、レジ手渡しの方はエスプレッソ方式で、
セルフの方はペーパードリップ方式です。

rowson

「参考画像:ローソン

ファミリマートエスプレッソ方式です。
ドイツ製のエスプレッソマシンを使っています。

ペーパードリップ方式は、紙のフィルターで
蒸らしながらこしていきます。

famima

「参考画像:ファミリーマート

エスプレッソ方式は、スチームの高い圧力(水蒸気)で抽出します。
スターバックスコーヒーのラテやカプチーノは
エスプレッソ方式で作られています。

コーヒー豆と焙煎方法にも各社のこだわりがありますが、
私が感じる違いでは、朝の起動用コーヒーは、
濃さと苦みのローソン(セルフではなく、レジ手渡しのエスプレッソ方式の方)、
一息入れる用は、酸味がなく香りの良いセブンイレブンが適しています。

どう変化していくか、一歩先を行く

mirai
同じ味であれば飽きてきます。
この先少しずつ味が改良されて、私たちの一歩先を
提案してくれることを期待します。

これは、私たちが世の中に何かを提供する、
役に立つことを考えた場合も同じです。

ただ時代の変化と同じレベルで変化しても、
それは進化していないことを意味します。

一歩先を行くことが必要と感じます。

そうしないと必ず飽きられます。
私たちが飽きるのと同じように。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事