完全母乳育児、ミルク育児、混合、どれがいいの?

baby

赤ちゃんが生まれ主食となる母乳ミルク

「母乳で育てたいけど充分に与えれているか不安」
「あげてもあげてもすぐ泣いています」
「ミルクだと太りやすいって聞く」
「ミルクで育てるのはダメって言われる」

など、いろいろ悩みや不安でお困りのかたも多いと思います。

でも、どちらがいいなんてことはないのです。
そこで母乳育児ミルク育児メリット混合での与え方
そしてお母さんがよく悩んでしまうポイントを解決いたします!

スポンサーリンク

母乳育児は?

baby3
母乳育児は、コミュニケーションがとれるところです。
ミルクと比べ授乳時間が長いので長く触れ合うことができます。

他にも、ミルクでは与えきれないあかちゃんを守る、抗体免疫を与えれます。
そして母乳は吸収と消化がはやく、母体の回復もはやまらせてくれます。

泣いた時にすぐに上げることができ、腰が座れば添い乳という、
寝ながら与えれることができるので、夜も寝ころんだまま与えれます。

ミルクとちがいお金がかかりません。

お母さんが食べたものが母乳になるので、油ものを食べると
母乳にが浮いてしまったりしますので栄養バランスを整えることが大事です。

ミルク育児は?

baby2

ミルク育児は、月齢によって与える量が表記されているので、
赤ちゃんに充分にご飯を与えることができます。
腹持ちいいので、母乳と違い「さっきあげたばっかりなのに」
となることが少ないのです。

外出先で授乳室がないところでも与えれますし、
旦那さんやご家族、親せき、たくさんのかたができます。

最近のミルクは栄養バランスもしっかりしており、
抗体免疫もつくようになっています。

お母さん自身が体調を壊したときに薬が飲むことできるので早く完治します。
おっぱいトラブルがなく、ストレスも感じにくいです。

そして仕事に復帰したいときに保育園に預けやすいです。

スポンサーリンク

どちらがいいの??

baby

それぞれ良さがあり、母乳育児だからダメな母親。
ミルク育児だからダメな母親なんてないのです。

母乳育児をしたくても、満足に量が出なかったり、
乳首が裂けたり、乳腺炎になって与えることができなかったり、
お仕事に復帰するため与えれなかったり。

ミルク育児をしたくても、乳首を嫌がったり、経済的に難しかったり、
荷物が増えたり、ひと手間かかったりと。

これがこうだからミルク育児はしちゃだめ!母乳育児はしちゃだめ!と
あまり考え込まないでください!

自分の環境体調、そして赤ちゃんの機嫌など見ながら選ぶのが一番です。

混合とは?

混合とは母乳とミルクどちらもあげることです。

外出先ではミルク。仕事の間はミルク。寝るときはミルク。
他にも母乳をあげた後に足りない分はミルクをあげるなどあります。

正直授乳は長い時間かかるのでストレスになっているお母さんも多いのです。
なので上手ミルク母乳与える方法もいいですね!

母乳とミルク、どちらにすべきか悩んでいるお母さんが多いと思います。

私自身、途中で母乳が出る量が少なくなり、娘は足りなくてずっと泣いていました。

義母さんの意見などもありミルクを与えることに抵抗がありましたが、
混合にするようになって娘も満腹になりぐっすり寝ることができるようになった上、

私自身のストレスもなくなりました。

自分の体調や環境に合わせてミルクに変えたり、使ったりしてくださいね。

ストレスが一番の毒です!
お子さんに愛情もって接することが一番大事なのです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事