お菓子作りグラニュー糖と砂糖どちらを使えばいいの?徹底解明!!

 cake1

お菓子レシピによく書いてある「グラニュー糖」。
「砂糖じゃだめなのかな?」と思ってしまいますよね。

そこで今回、グラニュー糖砂糖の違い、

そしておすすめの使い方をお教えいたします!
ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

それぞれの大きな違いはなに??

 砂糖

原料・製法はグラニュー糖も砂糖も一緒で、精製度転化糖が大きな違いとなります。

グラニュー糖とは?

グラニュー糖

「参考画像:日新製糖

グラニュー糖はショ糖という、ブドウ糖と果糖でできている成分が
99.9%のものをいいます。

精製度が高く、転化糖を含みません。
精製度が砂糖に比べると高いため糖度高いです。

粉砂糖は細かく砕いたもので、角砂糖は砂糖液をふりかけ湿気させたもので、
グラニュー糖とほぼ変わりはありません。

スポンサーリンク

砂糖とは?

白砂糖

「参考画像:日新製糖

砂糖とは、「上白糖」というもので、日本にしかない砂糖なのです。

砂糖はショ糖が97.8%で残りは水と転化糖で出来ています。
精糖度がグラニュー糖に比べると低いので糖度低いです。

グラニュー糖の特徴・デメリットは?

キラキラ

グラニュー糖は、サラサラした光沢ができ、
さっぱりとした食感・甘味に仕上がります。
焼き色が付きにくいので焦げにくく、湿気も少ないです。

デメリットは、パサつきや焼き色付きにくいということです。

砂糖の特徴・デメリットは?

cake2

砂糖は、甘さ・ボリューム感・コクを出してくれます。
焼き色が付きやすく、粒子が小さいから溶けやすいです。
水分量が多いので保湿性があります。

デメリットは、焦げやすく湿気が多いということです。

グラニュー糖に合うお菓子は?

クッキー

グラニュー糖は食感がさっぱりとするため、クッキーなどの
サクサクしたいものにおすすめです!

焼き色を薄くしたいもの、
光沢をつけたいものにはグラニュー糖が向いています。
甘ったるいのが苦手なかたはグラニュー糖がおすすめです。

砂糖が合うお菓子は?

和菓子

砂糖はしっとり、ふんわりできるので、生クリームやスポンジケーキ、
そして和菓子に合います!
保湿性があるためコクをだしたい!乾燥してほしくない!という
お菓子に向いていますね。

日本固有のものなので和菓子には断然砂糖がいいです。
砂糖は甘味が強いので、甘党の人にはおすすめです。

砂糖とグラニュー糖。どちらも変わらないようで、
お菓子つくりの役割が分かれていますね。
「これはこのお菓子に!」というより、自分の好みの甘さや食感で
使い分けたほうがいいようです。

なんとなくお菓子つくり=グラニュー糖というイメージがある方も
多いと思いますがそんなことはないですよ!

ご参考にして自分の好みに合ったほうをぜひお使いください!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事