時代によるホワイトデーの変化

ホイワイトデープレゼント

ホワイトデーが誕生したときは、男性から女性への
純粋感謝気持ちから始まりました。

ところが、現代では時代の流れによって、少しずつホワイトデー
意味が変化していっているのをご存知ですか?

今回はその変化を追ってみましょう!

スポンサーリンク

ホワイトデーの変化

1978年に全国飴菓子工業協同組合が3月14日を
ホワイトデーと定めてから、今までバレンタインデーお返し
各々好きなときにお返しをしていたのが、3月14日統一されるように
なりました。

2年後の1980年代からは、各大手製菓企業もさらに
積極的に宣伝活動を行い、全国各地でホワイトデー商戦
繰り広げられるようになりました。

最初は、あまり馴染みのないこのイベントを遠目で眺めている
男性も多かったのですが、次第にホワイトデーという言葉や
チョコレートとは別の贈り物をするという習慣を
受け入れるようになっていったのです。

プレゼント渡そうとする男性

さらに、ホワイトデーというイベントが
バレンタインデーで、男性から女性への
お返しの贈り物をする日ということもあり、
当時はお返しプレゼントを選ぶ恥ずかしそうな男性の姿や、
遠慮しがちの男性の姿が目立っていたそうです。

そして、時代は変化し、現在ではバレンタインデー
チョコレートを貰ったら、お返しするのが当たり前という
風習へと変化していったのです。

当時は純粋な男性の感謝の気持ちが、現在では
貰ったらお返しをするという習慣へ変化していったのですね。

ホワイトデーだけじゃない!変化したバレンタインデー

ビスケットとチョコ

ホワイトデーも時代の流れで変化しましたが、実はバレンタインデーも
徐々に変化していっているのをご存知ですか?

今までは意中の男性にチョコレートを渡すというのが当時の
バレンタインデーだったのですが、

一緒働いている男性や友人の男性に贈る義理チョコレート
中高生の間で流行している女性同士でチョコレートを贈り合う友チョコ

さらには、バレンタインデーやホワイトデーを関係なしに男性から女性へ
チョコレートを贈る逆チョコレートという色々なチョコレートの
渡し方が増えていったのです。

スポンサーリンク

ホワイトデーのプレゼントに隠された男性の想い

男性

皆さんは男性からお返しで頂いたプレゼント意味をご存知ですか?

実は、貰ったプレゼントの内容でお返しをしてくれた男性の気持ち
分かっちゃうそうなのです。

キャンディーをお返しに選んでくれた男性は、
貴女へ好意があるという意味になるそうです。

キャンデー

クッキーだったら、お断りという意味になってしまうそうです。

cookie

しかし、これらはあくまでもですので、お返しをくれた
男性の本当の気持ちを表すものではありません。

今では手作りのお返しをプレゼントしてくれる男性もいますし、
欲しがっていた物を贈ってくれる男性もいます。

贈り物を購入する際や作っているときは、きっと貴女のことを
考えてくれているのです。

プレゼント

贈り物を頂いたら、素直に感謝の気持ちを伝えて、
円満ホワイトデーを過ごされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事