ホワイトデーの歴史知っていますか?なんで「ホワイト」?

 プレゼント

女の子2月14日男の子贈り物をする日が
バレンタインデーと言います。

では、男の子女の子贈り物をする日は何と言うのでしょうか。

皆さんご存知の「ホワイトデー」ですよね。

ホワイトデーはバレンタインデーの丁度1か月後
3月14日ですが、女の子たちはバレンタインの後に
くる3月14日を非常に楽しみにしているのですよ。

では、ホワイトデーの歴史を皆さんはご存知ですか?

スポンサーリンク

ホワイトデーの歴史は浅かった!

時計


バレンタインデー
が誕生したのが、皇帝・クラウディウスの
時代ですので、かなり古いということは分かります。

では、ホワイトデーではいかなる物語が存在したのでしょうか。
ホワイトデーの歴史は、1950年代日本誕生しました。

意外にも日本発祥のイベントだったのですね。

アメリカからバレンタインデーという伝統的な恋人たちの
イベントが日本へ伝わり、日本各地へと徐々に広まっていったのです。

ピンク プレゼント

バレンタインデーというイベントに目を付けたのが、
各大手製菓会社の皆様でした。

女の子が男の子にチョコレートを贈るという宣伝活動を
積極的に行っていったのです。

女性がプレゼントするところ

その結果、バレンタインデーというイベントがさらに世間へ浸透し、

女の子男の子チョコレート贈るという風習が
日本各地へとさらに広まることになったのです。

そして、貰ってばかりでは申し訳ないということで、
バレンタインお返しをしようという男性が増えてきたのです。

man-lady

1970年代後半から、男の子女の子
バレンタインデーのお返しをするようになりました。

日本人ならではの心遣いですね。

この当時には、ホワイトデーという日が無かったため、
各々でお返しをしていたそうですよ。

その行為に目を付けたのが、バレンタインデーのときと同様、
各大手製菓企業の皆様です。

マシュマロ・グミ・キャンデー

「バレンタインデーのお返しプレゼント」という宣伝を積極的に行い、
それに合わせて、マシュマロキャンディークッキーなどといった
女の子たちが喜びそうなお菓子を提供し、
男の子たち購買意欲を駆り立てていったのです。

その結果、1978年に全国飴菓子工業協同組合という団体から
2月14日バレンタインデーから1か月後
3月14日正式「ホワイトデー」というイベントが発表されたのです。

この「ホワイトデー」という名称ですが様々な仮説があり、
はっきりとは分からないのですが、

その中で一番しっくりくる仮説は
飴の材料である砂糖の白色からネーミングされた。
というものでしょうか。

ホワイトデーが誕生して、まだまだ歴史は浅いですが、
当時の男性の女性への感謝の気持ちから誕生したイベント日なので、
純粋に嬉しいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事