かき氷を食べると頭が痛くなるのはなぜ?

かき氷で頭がキーン

夏の暑い日にはかき氷を食べて サッパリすると気持ちいいものですよね。

でも急いで食べると頭が痛くなるのはなぜなんでしょうか?

実はそれ、「アイスクリーム頭痛」という症状なのです。

「ガリガリくん」に代表される、氷菓子といわれるアイスの種類も増え、
アイスを食べたときに経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

なぜ頭が痛くなるのか?
どうすれば頭が痛くなるのを抑えることができるのか?

をあわせて紹介します!

スポンサーリンク

頭が痛くなる理由

実は理由が2つあると考えられています。

脳が勘違いを起こして痛くなる

いきなり極端に冷たいものを食べると 脳が ”冷たい” と感じるところを、
”痛い” と感じてしまうことが原因のひとつとされています。

具体的に説明しますと、関連痛として頭痛が発生します。

かき氷がのどを通るとき、
のどの神経が刺激され生まれた信号がこめかみや後頭部の痛みと勘違いされ、
認知されてしまうことによって発生します。

温まるための反射の反応で痛くなる

かき氷を食べて冷たくなった口の中を 温めようと脳が血管に働きかけます。

血液を集めることによって温めようとするわけですが、
その時に、頭の中の血管を太くし、急激に血が流れることから 一時的な炎症が起きます。

上記の2つの理由があわさって アイスクリーム頭痛が起きていると考えられています。

アイスクリーム頭痛の対策は?

もし頭がキーンと痛み出したときには 数十秒待っていれば自然に収まります。

ただ、耐え難いほどの激しい痛みに 襲われる場合もあります。

そんなときには、かき氷の器をひたいにあてて 脳の中の血管を冷やしてあげると痛みが和らぎます。

スポンサーリンク

アイスクリーム頭痛にならないようにする食べ方

温かいものと冷たいものを同時に食べるという方法がありますが、
これは胃に負担がかかるのでおすすめしません。

一番の対策は急激に体が冷えないように ゆっくりと食べることです。
急激に冷やすこと自体が体にあまりよくありません。

頭痛だけでなく、腹痛を引き起こす原因ともなります。

一気に大量に口に入れるのではなく、 少しずつ口に入れていけば頭痛も避けれますし、
おいしいかき氷を長い間楽しむことができます。

また、器を手の平で数秒間、包むように温めて少し溶かしてから食べるのも効果的です。

Soapbubbles-SteveEF

おいしいかき氷の作り方

砕いた氷にシロップをかけるだけでもおいしいかき氷ですが、
もっとおいしくなるような作り方を紹介します!

ガリガリ感を追加

砕いた氷を入れる かき氷器で細かく砕かれた氷以外にも、
スプーンなどで氷を砕き、少し大きめの氷を入れておきます。

粗目の氷を入れることで、ガリガリといった氷の食感を楽しむことができます。

フルーツなどを入れる

みかんやいちご、さくらんぼなど果実が 小さいものはそのまま乗せればOKです。

夏の主役ともいえるスイカはシャーベット状に凍らせておきます。
使うときにはスプーンで軽くほぐしてから、かき氷にします。

スイカの味がすでについているので、そのまま食べても シロップの代わりに牛乳をかけて食べてもおいしいです。

Exif_JPEG_PICTURE

ホットチョコレートをかける

溶かしたチョコレートをかける 冷たいかき氷に、
あらかじめ溶かしておいた チョコレートを、シロップの上からかけます。

見た目的にもおいしそうになりますし、
食べやすい温度に自然となります。

甘いのが苦手な人向けにビターチョコレートを使うと味がしまります。

かき氷はひと手間加えるだけで豪華になった感じがして 子供受けもいいです。
この夏は「ひと手間かき氷」を作ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事