正しく節約できてる?一人暮らしの電気代

電球
一人暮らし
の家計での主な出費として、
家賃の次に多いといわれているのが電気代です。

先の震災の余波で電気料金が値上がりしたり、
NASA(アメリカ航空宇宙局)が昨年は
観測史上最も暑かったと発表するなど、
電気料金の請求書を見るたびに
ため息が出そうな電気事情の昨今ですが、

そんな時頭に浮かぶのが節電の二文字です。

照明LEDに、家電省電力家電に買い替えるなど、
節電の方法はいくらでもありますが、
今回は従来の家電でも十分に実践可能な節電策について書いてみました。

スポンサーリンク

そもそも一人暮らしの電気代って何円くらいなの?

通帳を見る女性
節約
を始めるにあたって、相場を知るということは極めて重要です。

相場より高ければもっと節約しなければいけないし、
相場より安ければそれだけ節約できているということです。
(もちろん家具の性能や部屋の広さによって差は出ます。)

では、一人暮らしの人達は月々どのくらいの電気代を払っているのか。
1000円から1万円を超えるものまで、電気代もピンからキリまでですが、

平均ズバリ3000円台です。

電気をいちばん消費するのはどれだ!?

コンセントを抜く電気代を節約するには、電力消費激しい家電
あまり使わないようにするのが一番簡単です。

では、何の電力消費量大きいのでしょうか?

ここで「エアコン」という答えがすばやく出てきたあなたは大正解です。

エアコンの冷暖房を両方使っている人は多いはずです。
実はエアコン冷房よりも暖房の方が電気を使います。

夏は扇風機と併用している人も多いとは思いますが、
冬の使い方も結構大切なのです。

そのほかにも冷蔵庫ポットテレビなど家には
節電の敵がたくさんいます。

これらの家電のうち多くはコンセント抜いたりすることによって
待機電力節約されます。

待機電力微量ですが、塵も積もれば山となる」です。

侮っていてはいけません。

スポンサーリンク

ついつい使いすぎちゃうんだよね・・・

ドライヤー
家電の中でも消費電力が高いものの使用頻度を
減らせばそれだけで節電になります。

先ほども書いたようにエアコン消費電力凄まじいものです。

しかし、消費電力が凄まじいのはエアコンだけではありません。
エアコンのほかにも電子レンジ掃除機ドライヤー消費電力大きい家電です。

電子レンジ
特に電子レンジは消費電力がダントツ高いです。
コンビニ弁当や冷凍食品など、電子レンジを使い調理する食品は多くあります。

皆さん、電子レンジが便利だからといってご飯を全部電子レンジで
調理したりしていませんか?

これをきっかけに食生活を見直すのもアリですよ!

掃除機その他の掃除機やドライヤーについても、モードを強から弱にしたり、
髪の水分をできる限りタオルで吸い取るなどの策をとれば、大幅な削減となります。

節電というのは支出を抑えるだけではありません。

節電を通し、日々の生活リズムや食生活などをよりよくすることも可能です。
但し、無理は禁物です。
節電への意識が高いあまりに体調を壊してしまっては元も子もありません。
この記事が皆さんの正しい節電の一助となれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事