引っ越し手続きの準備をどうやる?賃貸契約から電話の契約まで解説

引っ越し

新生活の時期です。

故郷を離れて上京する方もいれば、
異動で別の環境に引っ越しをする方、
異国へ行く方など様々だと思います。

今日はそんな新生活の中でも

引っ越し

の手順について説明していこうと思います。

スポンサーリンク

賃貸探しのコツは不動産屋さんに行かないこと

意外かと思う人もいるかもしれませんが、
物件探しの準備の第一歩は不動産で探すのではなく、
WEBで探すことをおすすめします。

物件はいくつもの会社で共有しているものと、
独占しているものの二種類にわかれています。

そして、WEBに載っている物件はみなさんでも
普通に条件を入れて簡単に探すことができます。

最初は個々が物件を必要な条件を入れて探して
そこから不動産屋さんとコンタクトをとってみてください。

資料請求は簡単にできます。

また、資料請求したあとの対応で
より良い不動産屋さんや相性のあう会社もわかります。

けれど、ネット上に載っているものは本当に売り出したい物件であるのも事実ですので、
気に入った物件があれば早めに問い合わせをして物件の内見をすることが必要となります。

ただ、最初でも言った通りいきなり不動産屋さんに行ってしまうと
そこで売りたい物件だけになってしまい
本当に住みたい家が見つからないこともあります。

そのため、いくつかの会社に問い合わせながら
物件探しをしていくことがポイントです。

では、契約はどうやってするのか?

契約をする場合だいたい、ほとんどの方が別の日に
契約するために不動産屋さんに再度いくことになると思います。

その際に必要なものを必ずチェックしてください

一般的に必要なものは

  • 住民票
  • 源泉徴収票
  • お金
  • 振込み先の銀行印

ただし、これは契約会社によりもちろん違います。

特にお金は会社により敷金・礼金、
保険など、会社によりまったく変わってきます。

そのため必ず事前に確認しておく必要があります。

また、住民票などは平日のみでしか区役所などでは
扱ってもらえないため早めの準備をしておくと良いかと思われます。

そして、気持ち良い引っ越しをしましょう!

スポンサーリンク

ライフラインやネット環境の準備をしよう

さて、引っ越しをしてすぐに住む環境にはなりません。

電気・ガス・水道は基本的に電話一つで
開始をしたい日を言えば簡単に使い始めることができます。

しかし、固定電話・インターネットに関しては
工事が必要な場合があります。

固定電話だと最短でも二日前までには連絡しておきましょう。

また、ネット環境に関して言えば春などの
新生活時期は工事依頼もとても混雑をしてしまいます。

そのため2、3週間待ちということもあります。

ですから、すぐにネット環境も用意したい方は
逆算して早目の注文をすると良いでしょう。

新生活は準備が大変かもしれませんが、
楽しく素敵な生活が送れるように
一つ一つ見落とさずに準備をしていきましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事