新入社員のみなさんへ、挨拶の時点で試されています。ポイントまとめ

新入社員

新入社員のみなさんは本当に四月から生活が激変するとは思いますが、
もう用意は住んでいるでしょうか?

地方から出てくる方は物件探しもしなければなりませんし、
会社の仕事だけではなく、人間関係なども悩む部分がたくさん出てくると思います。

そのなかで、今日は新入社員の挨拶でみなさんが好印象を受けるためのポイントを教えていきたいと思っています。

社会人の第一歩、ぜひよい印象にしてスタートしていきましょう。

スポンサーリンク

良い印象をつけるために、社会人に合う挨拶を知っておこう!

握手する若い女性

挨拶は最初に行う大切なコミュニケーションです。

個人的な挨拶とは違い、社会人として会社の代表としてこれからはいろいろな場所に出向いたり、電話や対人関係で対応をしていく必要が出てきます。

その第一歩として、先輩たちへの大切な挨拶の準備を今からしておくととても良いスタートができると思います。

例文を使って実際の挨拶を考えてみましょう

挨拶のおじぎ

挨拶といっても堅苦しく考える必要はありません。

例文を使って自分の挨拶を考えてみましょう。

「本日より ○○に配属になりました、○○と申します
どうぞよろしくお願いいたします。

生まれも育ちも東京です。電車が大好きなので路線の乗り換えや近道には、任せてください。
大学では、仲間から動く時刻表なんて」呼ばれていました。

また、大学では○○を先行していて○○に興味があります、(学生時代の話など)

現在は実家を出て○○に一人で住んでいます。
今後○○したいと考えています。

私は○○なタイプですが
これを機会に直していきたいとおもい

先輩方には
少しでも早く追いつくようにと
頑張りますので
どうかよろしくお願いします。」

 

このような簡潔な自己紹介が好まれます。

ぜひ自分にあう自己紹介を見つけtえてください。

スポンサーリンク

これからの仕事を左右する自己紹介のポイントとは?

自己紹介ができることで、これからの仕事の印象もとても変わってきます。

ポイントとしては

  • 出身地などに触れて自分の原点や根本を知ってもらう
  • 学生時代にどんなことをしていたかということで最近の活動でアピールをしていくこと
  • 簡単な趣味や特技などでより人柄を知ってもらうこと

このようなことだけでもとても親近感を与えることができます。

もちろんこれが全てではありません。

人により自己紹介とは違うものなのでより自分らしい自己紹介で素敵な生活をスタートさせてください。

人前で自分の言葉で話すことがどれだけ大変か。どれだけ素晴らしいことかわかるとより一層楽しくなると思います。

素敵な社会人になってください。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事