スノボウェア選びのポイント、機能面でみる選び方

Extreme winter

ファッションスポーツといっても差し支えないほど、
スノーボードはファッション要素が高いです。

お店にいってどれを買おうかな〜と、
見ているだけでもワクワクするんじゃないでしょうか。 

基本的にはデザインの好みで決めるものですが、
中には、機能性で選ぶ人もいます。 

おそらくですが、ウェアに機能がついていても、
なんのための機能かよくわからない、
そもそも機能なんかついてるの?

こういう人の方が多いと思います。

そんなわけで今回は、
スノボのウェアの機能性についての内容です。

スポンサーリンク

 防水性チェック

ウェアの防水性ですが、おおまかな防水性能は調べることができます。

ポイントは「耐水圧」になります。
ほとんどのウェアが耐水圧の表記をしているはずです。

タグや説明に「◯◯◯ mm」と書いてあったら
これが耐水圧になります。

◯◯◯には数値が入ります

子供用だと5,000 mm
大人だと10,000 mm

 この数値が目安になります。 

中には、15,000 mmとか20,000 mmのものもありますので、

「むむっ、このウェア値段高くね?」

と思ったら耐水圧をチェックしてみてください。

透湿性チェック

耐水圧と一緒に表記されることが多いのが
「透湿性」です。

こちらは、「◯◯◯mg」と表記されています。

透湿性を簡単にいうと、発汗性の目安になります。

ウェアの中の水分が、どれだけ外に逃げていきやすいか。
乾きやすさみたいなものです。

汗だけでなく、内側が濡れた場合も早く乾くので、
耐水圧のついてでに見とくといいかもしれません。

たいていは5,000 mg〜10,000 mgです。



スポンサーリンク

雪が中に入らないスノーガード

転んだ時に腕や、腰に雪が入ってきた経験はありますか?

雪はなかなか取れづらく、
「冷える & 濡れる」のダブルパンチがきます。

そんなときに便利なのが、ウェアについてるスノーガードです。

ジャケット腕の袖口や、パンツ腰部分についている、
伸びるゴムのようなものが、ウェアによってはついてます。

腕についているスノーガードは親指をひっかける部分があるので、
スノーガードの上からグローブをすれば袖から雪は入ってきません

慣れている人だと、ほとんど転ぶことがないので、
必要ないという人も中にはいます。 

暑いときに使う、ベンチレーション機能

雪山だから寒そうなイメージですが、
実際に、滑ってみると結構、汗をかきます。

かといって気軽にウェアを脱げるわけではないので、
ウェアについているチャックを開けて空気が通るようにします。

これがいわゆるベンチレーション機能です。

ジャケットならわきのあたりから体の側面に、
パンツなら股下の内側部分にチャックがついていると思います。

ポケットかと思って、開けたらただのメッシュなので、

「何コレ?」

って思う人もいたのではないでしょうか。

実は換気して涼しくするためのチャックだったのです。 

ジャケットがめくれあがらないようにする機能

この機能に関しては、基本的には上下同じメーカーの
ウェアをセットにしないと機能しないことが多いです。

ジャケットの背中側、腰辺り、ウェアの内側に、
パチッとできる、ボタンはないでしょうか?

一見なんの意味もないように見えますが、
パンツと組み合わせることによって効果を発揮します。 

パンツの腰部分、ベルトを通すリングの辺りに、
小さなリングがあれば、この機能が使えます。

この部分に、ジャケットのボタンフック部分を通して、
ボタンをパチッと止めれば、 ジャケットとウェアがジョイントされ、
転んでも背中がめくれ上がらなくなります。

ただし、メーカーによってひっかけ部分の数や、
間隔が違うので、なかなか使っている人はいない機能となります。 

あまり見かけない機能「RECCO」 

この機能は軍でも採用されている、雪山で遭難したときに
見つけてもらいやすくなる機能です。

「RECCO」とかかれた反射板のようなものが目印となります。

reflector

これは、電波を反射することができるので、
遭難救助などで、万一を防げる場合があります。

電池が必要ないというのが特徴です。

これがついてるウェアを見ること自体、稀だとも言えます。

GORE-TEX

GORE-TEX(ゴアテックス)はスノボウェア以外にも、
様々なスポーツウェアや、トレーニングシューズなどにも
利用されている、一種の規格になります。

GORE-TEX®_Logo

特徴は、以下の3つの機能が高いレベルにあります。

・防水性
・防風性
・速乾性 

高いパフォーマンスを誇る、GORE-TEXですが、
その分、お値段もそこそこ張ります。

スノボの場合は、ウェア以外にも、
グローブでもよく使われているので、チェックしてみてください。

以上、機能面から見たウェアの選び方ポイントでした!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事