お正月にはなぜお餅なのか?起源はお年玉にあった!

お正月には、なぜか普段はあまり食べることのない、
お餅が当たり前のように食卓に並びませんか?

お正月=餅」はなぜなのでしょうか?

カギとなるのは、「お年玉」

現在では、子供にあげるお金として認識されていますが、
ここに起源が隠されていたのです。 

スポンサーリンク

昔のお年玉は「お餅」

お年玉とは、現在ではお金を渡すのが主ですが、
実は昔のお年玉はなんと「お餅」だったのです。

実は、昔の日本では、お餅とは「魂」を象徴するものだったのです。

「魂」といっても、ここでの魂の意味は、生命力と言う意味になります。

昔の日本では、

「年の初めに、年神様から新年の魂を分けていただく」

つまりは、

「毎年一年分の力を年神様から授かる。」

こう考えられてきたみたいなのです。

お年玉

年神様って?

この「年神様」というのは、新年の神様です。
日本のお正月を語る上では、必ず登場する神様です。

新年には、年神様を家に迎え、おもてなしをし、見送る。
この一連の作業が「日本のお正月」ということなのです。

年神様は、とても縁起が良い神様とされており、
新しい年の幸福や恵みなどを分け与えるだけでなく、
人々に魂を分け与えてくださるのです。

年神様から毎年魂を分け与えられると考えられてきましたので、

「お母さんのお腹にいるときにはすでに魂がある。」

ということで、生まれたときは1歳と考えられていたそうなのです。

その後は、お正月を迎える度に、人々は一斉に年をとります。
これが「数え年」のルーツになっています。

現在では、生まれた日を迎えることで年齢が数えられていますが、
昔はこのような考え方だったのです。

スポンサーリンク

お正月になぜお餅なのか?

お正月にお餅を食べるのは、なぜなのでしょうか?

これは、年神様から魂を分けてもらう方法に関係してきます。

実は、年神様の依り代は、よくお正月に見かける食べ物です。

雪だるまのように、白い餅を重ね、
ちょこんとダイダイがのったあの食べ物なのです。

そうです、

「鏡餅」です。

お正月を迎え、家に招かれると、年神様は最初に「鏡餅」に依りつきます。

そして、その鏡餅に年神様の「御魂(みたま)」が宿るのです。

この鏡餅の餅玉が、年神様の魂と言われており、
このお餅のことを「年魂」と呼び、この年魂と呼ばれる年餅を、
その家の最も偉い人が家族全員に「御年魂」として分け与えるのです。

「御年魂」が変化し「御年玉」となり、現在のお年玉に変化していきました。

これが、お年玉のルーツになります。

お正月にお雑煮なワケ

餅玉を食べるために、昔の日本人が考案した料理は、
お正月には必ず登場する、あの料理で皆さんもご存知の、

「お雑煮」になります。

お餅を食べることで、年神様の魂を取り込むと考えていた昔の日本人は、
お雑煮の中に必ずお餅を入れ、年神様の魂を、効率よく体内に取り込もうと考えました。

お雑煮は、年神様の魂を取り込むために考え出された料理でもあったのです。

年神様の存在を知らなくても、新年にお雑煮を食べているので、
あなたも知らず知らずのうちに年神様の「魂」を体内に取り込んでいたかもしれません。

今年からは、より感謝してお餅をいただくことができそうです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事